もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋久島 宮之浦岳縦走<淀川~白谷雲水峡>(2015/5/16-18)

おすすめ度:★★★★ (4) 
体 力 度:★★★★  (4)
危 険 度:★★★   (3)

◆登山行程
5/16(木)  紀元杉バス停(14:35)~淀川登山口(15:05)~淀川小屋(15:40) 宿泊
5/17(金)  淀川小屋(5:45)~小花之江河(6:50)~花之江河(7:05)~黒味岳分岐(7:20)~宮之浦岳(9:10)~新高塚小屋(11:00)~高塚小屋(12:00)宿泊
5/18(土)  高塚小屋(5:50)~縄文杉(6:00)~ウィルソン株(6:50)~楠川歩道分岐(8:15)~太鼓岩(9:05)~白谷山荘(9:50)~白谷雲水峡登山口(10:30)

◆交通行程
・往路5/16(木) 自宅(熊本)発~(高速道路)~アーバンポートホテル鹿児島駐車場※~(徒歩15分)~鹿児島港南埠頭~屋久島フェリー2(8:30発 4,410円)~宮之浦港(12:30)~バス(12:50発 1,770円)~紀元杉バス亭(14:32)
・復路5/18(土) 白谷雲水峡(11:40発 550円)~宮之浦港(12:15着)~屋久島フェリー2(13:30発 4,410円)~鹿児島港南埠頭(17:40)~アーバンポートホテル鹿児島(宿泊 6,000円)

※鹿児島港の駐車場は、1日 2,200円、2日 3,400円、2.5日 4,000円かかります。
  駐車料金が4,000円かかるぐらいならと思って、アーバンポートホテル鹿児島に交渉して、素泊まり1泊+車3泊で6,000円でした

屋久島登山マップ(加工)
<今回の登山行程:青線1日目、赤線2日目、緑線3日目>

(1日目)
屋久島宮之浦岳に登ってきました
早朝、熊本から鹿児島まで車を走らせ、アーバンポートホテル鹿児島の駐車場に車を停めフェリー乗り場まで徒歩で向かいます。
P5160404.jpg

ホテルの駐車場からフェリー乗り場までは約15分。
途中、ローソンがあるので、Loppiでフェリーの前売りチケットを買えば500円程お得です

8:30 フェリーに乗り、屋久島に向けて出発
これから天気が崩れる予想ですが、ここまでは快晴です
P5140213.jpg

フェリーでは、屋久島まで約4時間かかりますが、船内には小説や漫画のレンタルがあり、退屈することなく過ごせます。
ちなみに、高速船『トッピー』だと約2時間で着きますが、運賃はフェリーの倍の約9000円かかります。

12:30 宮之浦港に到着。
島の中央に高い山々がそびえています。
P5140215.jpg


ここからは、12:50発のバスに乗り換えて登山口を目指します。
バスは途中、「合庁前」で乗り換えます。
バスの終点「紀元杉バス亭」が山奥にあるので、宮之浦港から紀元杉バス亭までは1時間半ほどかかります。
P5140216.jpg


14:35 紀元杉バス亭に到着し、そこから30分程車道を登ると、淀川登山口に到着。
タクシーの人は、登山口まで直接行くことができます。
P5140219.jpg


登山道を歩いていると、小雨が降り出しました
「雨は嫌だな」っと思いながら歩いていましたが、この雨と3日ともお付き合いすることになりました
P5140220.jpg


15:40 本日の宿泊地『淀川小屋』に到着。
屋久島の小屋はすべて避難小屋で、もちろん電気・布団・食事はないので、各自で準備する必要があります。
平日なのと雨のせいもあって、この日は私を含めて4組の宿泊でゆっくり寝ることができました
P5140225.jpg


(2日目)
夜中、すごい雷雨で、寝ながら「明日の分まで降ってくれないかな」と願っていましたが、願いかなわずこの日も雨
しかもかなりの豪雨です

5:45 淀川小屋を出発。
薄暗い登山道を黙々と登って行きます。
P5150227.jpg


6:50 小屋から約1時間程歩くと、『小花之江河』に到着。
P5150233.jpg

ここまで屋久島らしい景色を見てなかったですが、この景色を見て初めて「おー」っと感動の声が出ました
写真では伝わらないですが、雨のおかげもあって幻想的な雰囲気で、自然が作り出した日本庭園のような感じです
P5150235.jpg

さらに15分程歩くと、『花之江河』があります。
ここも素晴らしい雰囲気です。
P5150239.jpg


宮之浦岳に向けて高度を上げていくと、屋久島らしいきれいな川に出会い思わずパシャリ
P5150244.jpg
・・・『川』というのは嘘で、これは登山道です
激しい雨のせいで、登山道が川になっていました
川か道か分からないところを上流に向けて進んでいきます。


稜線に出ると、激しい風雨で全身びしょ濡れに
立ち止まっていると低体温症になりそうな状況だったので、急いで先に進みます。
P5150248.jpg


9:10 念願の宮之浦岳(1936m)に登頂
豪雨で景色は何も見えないけど、今までの登山で一番厳しい状況での登頂に達成感があります
嬉しすぎて誰もいない山頂で一人「やったぞー」と叫んでしまいました
P5150255.jpg

後で分かったのですが、この日は大雨洪水警報が出ていて、山に向かうバスは運休だったそうです

そういうわけで人とはほとんど会わず、時折出会うヤクシカちゃんに話しかけながら先を進みます。
P5150262.jpg


こういう大雨の日は、ザックから水を出したり、食料を出すのが億劫ですが、スペシャル行動食で栄養補給は万全
ハイドレーションも買ったので、水分の補給もばっちりでした
P5150263.jpg


山頂付近にはシャクナゲが咲き始めていました
5月末~がシーズンだそうです。
P5150265.jpg


11:00 新高塚小屋に到着
ここに宿泊しようかと思いましたが、まだ時間があったのでもう一つ下の高塚小屋まで降りることにしました。
小屋には豪雨で停滞中のパーティが3組ほどいました。
P5150275.jpg


12:00 本日の宿泊地の高塚小屋に到着
2013年に建て替えられたそうで、新高塚小屋よりも新しいです
P5150296.jpg


中は狭いながらも3階建になっていて、それぞれのフロアが6畳ほどの広さがあります。
私は3階を独り占め
この日宿泊したのは、2階に1組2人、1階に1組4人でした。15~20人程は泊れると思います
P5150301.jpg<ザックの中までびしょ濡れだったので、全て出して乾かしています。散らかしているわけではありません(笑)>

(3日目)
5:50 高塚小屋を出発
この日ももちろん雨さすがにもう慣れっこで全然気になりません
P5160308.jpg


6:00 10分ほど歩いて縄文杉に到着。
大きな杉で雰囲気がありますが、植生保護のために近くまで行けないのが残念
「とてつもなく大きい」というイメージがあったせいか、個人的には今一つでした。
それよりもこの後に立ち寄った「ウィルソン杉」のほうが感動しました
P5160314.jpg

P5150285.jpg

ちなみに、熊本の市房山には樹齢1000年の『市房杉』があります。
なかなか迫力がありますので、ぜひ一度市房山に行ってみてください
<以前市房山に登った時の記事→市房山登山


縄文杉までの登山道はきれいに整備してあり、初心者の方も登りやすいと思います。
P5160325.jpg


しばらく歩いていると、変わった杉を見つけました。
太陽の光を受けるために、上に枝が張っているのでしょうか??
P5160328.jpg


そうこうしていると、今回の登山で初めて日が差してきました
屋久島の神様もさすがにかわいそうと思ってくれたのかな
P5160331.jpg


6:50 ウィルソン株に到着。
P5160333.jpg

中に入って、定番のハート形に空いているところをパシャリ
うまい角度で撮らないとハート形に写りません
P5160334.jpg

内部には祠があり、水が流れていて、厳かな雰囲気でした。
『花之江河』に続いて、屋久島に来てよかったと思える場所です
P5160338.jpg


次に立ち寄ったのは『翁杉』。
縄文杉に次ぐ大きさだったそうですが、H22年9月10日未明に内部の腐朽で折れたそうです。
P5160343.jpg


さらに進んで行くと、トロッコ道に出ます。
この頃には再び大雨
屋久島の神様の晴れのサービスは少しだけだったようです
P5160350.jpg

P5160354.jpg


8:15 楠川分岐に到着。
縄文杉に登る際の定番の『荒川登山口』ではなく、今回は『白谷雲水峡』に降ります。
P5160356.jpg


ここからは、これまでの登山道とまた違った雰囲気があります。
P5160360.jpg

P5160363.jpg


途中、辻峠分岐から『太鼓岩』に立ち寄りました。
晴れていれば眺めがいいのでしょう。たぶん・・・。
P5160370.jpg
<太鼓岩からの眺め>


白谷雲水峡は『もののけ姫の森』と言われるだけあって、いい雰囲気の森です
P5160377.jpg


9:50 白谷山荘に到着。
この小屋は避難小屋にしてはめずらしく、小屋の中にトイレがあります。
一番奥には2段ベットの寝室があります。
P5160383.jpg

P5160380.jpg

P5160381.jpg


10:30 白谷雲水峡登山口に到着。
これで2泊3日の屋久島登山が終わりました。
雨続きで嫌になるときもありましたが、全て終わってみると満足のいく山旅でした
P5160388.jpg

息子が大きくなったら、今度は晴れた日に一緒に登りたいと思います(まだまだ先の話ですが・・・(笑))
P5160394.jpg


(おまけ)
(その1)
下山後にお酒やお弁当、お土産のお酒を買うには、宮之浦港から徒歩10分程のところにある「ヤクデン」がおすすめです
P5160389.jpg

普通のスーパーなので、安く買うことができますよ。
P5160390.jpg

(その2)
フェリーにはシャワー・サウナがあるので、登山帰りにさっぱり汗を流すことができます。
シャンプー等はないので各自でご持参を。
P5160392.jpg

| 宮之浦岳 | 23:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

比叡山クライミング(2015/5/10)

宮崎県の比叡山にクライミングに行ってきました!

数年前、比叡山の山開きに参加して、『いつかこの岩壁を登りたい!』と思っていましたが、今回その夢が叶いました
[比叡山登山のブログはこちら→比叡山登山(2012年)
P5100158(加工)
<比叡山岩壁(赤線が登ったルート) クリックすると拡大します>


普段私がやっているクライミングは、1ピッチ(最大で25mぐらい)登って降りますが、
今回は、マルチピッチということで、8ピッチ、約300mを登りました。

マルチピッチは、登る技術以外にも安全確保の技術など、総合力が必要です。
マルチ初心者の私一人の力では登れるわけもなく、今回は、山の先輩方に教えていただいたおかげで無事登ることができました
(皆さんありがとうございました


今回登ったルートは、「比叡山第一スラブ」。
いろいろな形状の岩を楽しめる好ルートです。
P5100162.jpg


途中、左手に『ニードル』と言われる岩峰がありました。
この岩峰も登ることができるらしいです
P5100168.jpg


4ピッチ目の『亀の甲羅スラブ』は、その名のとおりクラックが縦横に入っていて、面白いスラブです
P5100166.jpg


比叡山は、有志の方々のおかげで安全確保のためのボルトが新しく打ちかえてありますが、
易しいところは、ボルトの間隔が10mに1本程度。
絶対に落ちられない恐怖感に打ち勝つメンタルが必要です
P5100171.jpg

P5100169.jpg


一番難しかった7ピッチ目。
よく落ちる人がいると聞いて、少しビビりながらもなんとか突破
P5100175.jpg


そして、無事に8ピッチを登り切りました
P5100179.jpg


ここでクライミング終了ですが、実はここからが一番の難所
切り立った稜線沿いを一般登山道まで歩きますが、ロープで確保していない分、慎重に進まないといけません
P5100186.jpg


無事に下山して、最後に記念撮影
私が指差している岩壁の右端を登りました。
『比叡山の岩壁を登る』夢が叶って大満足の一日でした
P5100194.jpg


| クライミング | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子連れクライミング(2015/3/26)

なかなか山に行けない日々が続いていますが、初めて子連れでクライミングしてきました
P3280130.jpg

とは言っても、2歳3ヶ月の息子は登れるはずはなく、お菓子で気を引きながら、私が登っている間はクライミング仲間に遊び相手になっていただきました感謝です
P3280137.jpg

成果はというと、これまで一回も登れなかった『赤テープ 5.10C(ホントはもっと難しいらしい・・・)』を登ることができました
息子連れだったら、休日もクライミングができるかな
皆さんのおかげで楽しい一日でした
P3280138.jpg

P3280134.jpg
<他の方が同じルートを登っている写真です>

| クライミング | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

由布岳お鉢巡り(2014/12/30)

【由布岳(1584m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★    (3)
危 険 度:★★★    (3)
◆行程:<正面登山口(10:05)~由布岳西峰(11:55)(12:05)~(お鉢巡り)~由布岳東峰(12:45)(13:25)~正面登山口(14:30)>
◆所要時間:4時間25分(休憩・食事込み)
500由布岳(加工)

今年の登り納めは、『由布岳のお鉢巡り』
帰省した大学の友達と、毎年恒例の年末登山に行ってきました

10:00に正面登山口駐車場に到着。既に駐車場はほぼ満車状態
PC300078.jpg


10:05 なんとか駐車して、由布岳山頂に向けて出発!
山頂付近は雪が積もっていそうな感じでワクワク
PC300082.jpg


樹林帯の中を進んで行きますが、久しぶりの登山なのと、友達のペースが速すぎて既にバテ気味
その友達は登山歴1年半ですが、毎週のように山を登っていて、つい先日、日帰りで冬の富士山に登るような健脚の持ち主
ペースについていけなくても、しょうがないかな
(友達のブログ→見習いライダーが山に登る
PC300085.jpg


雲一つない空の下、冷たい風が気持ちいい
PC300087.jpg


登山口から1時間半で由布岳西峰と東峰の分岐『マタエ』に到着。
今日は、マタエから反時計回りにお鉢巡りをします。
PC300093.jpg


西峰までは、ちょっとした岩場がありますが、岩場は自分も友達も大好きでむしろ大歓迎
アスレチック気分で楽しく登ります
PC300096.jpg


登って来た道を振り返ると、マタエ~東峰までの登山道が良く見えます。
迫力があっていい眺め
PC300097.jpg


11:55 登山口から1時間50分で由布岳西峰に到着
PC300106.jpg


山頂からの眺めはというと、白くモヤがかかっていて、由布市街は見えますが、久住方面は残念ながら見えず
それでも、スカッとした青空に恵まれて良かった
PC300107.jpg


ここからは、アイゼンを装着してお鉢巡りへ。
あまり人が入っていないみたいで、フカフカの雪を踏みしめて進んでいきます。
PC300115.jpg


途中、岩場もありますが、そんなに危険な箇所はありません(個人的な感想です)
ただ、結構段差があるので、女性は少し苦労するかもしれません。
PC300118.jpg

PC300123.jpg


アップダウンでバテてきた頃に、やっと由布岳東峰が近づいてきました。
PC300133.jpg


12:45 西峰から50分で東峰山頂に到着し、笑顔で記念撮影
(心の中では、アイゼンでズボンを破いたことと、ストックのキャップを無くしたことを後悔・・・
PC300136.jpg

13:25 昼食を終え、登って来た道を下山、1時間で登山口に着きました。

年に数回しか会えないですが、気心が知れた友達といろいろ話をしながら山に登るのは楽しい
毎年恒例の年末登山をこれからも続けていきたいです

| 由布岳 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日向神クライミング『愛のエリア』(2014/11/24)

今日は、福岡県の日向神ダムでクライミング
何度来てもワクワクする岩壁です
250PB240110.jpg


道路から10分程急な山道を進むと『愛のエリア』に着きます。
初めての『愛のエリア』に挑戦

まずは、アップを兼ねて「夢中歩行(5.9)」をクライミング
クライミングのグレードの5.9というと、初心者でも登れるレベルのはずなのに1回目では登れず、2回目でなんとか完登
愛のエリアのグレードは厳しすぎる
250PB240089.jpg

終了点から見える景色を撮ってみました。
まずは、登ってきたルートをパチリ
高さ15mぐらいでしょうか。
250PB240091.jpg

次に岩肌をパチリ
クライミングのときは、岩に打ち込んであるハンガーにヌンチャク(赤色のやつ)をかけながら登って、確保用のロープを通していきます。
250PB240092.jpg

次に登った「初夢(5.10a)」も2回目でなんとか完登できました

ほぼ貸し切り状態で、のんびり楽しいクライミングでした
250PB240099.jpg


| クライミング | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。