もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大崩山(2013/8/5)

【大崩山(1643m)】
おすすめ度:★★★★★  (5) 
体 力 度:★★★★★  (5)
危 険 度:★★★★   (4)
◆行程:<上祝子登山口(7:10)~大崩山荘(7:40)~わく塚への徒渉点(8:15)~袖ダキ(9:45)~下わく塚(10:20)~中わく塚・上わく塚~リンドウの丘(11:20)(11:45)~(坊主尾根)~上祝子登山口(14:40)>

◆所要時間:7時間30分(休憩込み)
※このコースは8時間近くかかるので、早朝に出発するようにしてください


晴天の天気予報が一転、雨のち曇りに変わってしまった月曜日。
山仲間のKさんと大崩山に行ってきました

3:30に熊本を出発して、登山口に7時に到着。
登山口に車は0台。一番乗りで出発
P8056414.jpg

曇り空で薄暗い中を進みます。
P8056340.jpg

7:40 大崩山荘に到着。天気が少し良くなったのか空が明るくなってきました
P8056343.jpg

ここから道が分岐するので、初めての方は要注意
山荘の近くに標識があるので必ず確認を。
わく塚に行く人は、川沿いに『三里河原』方面に行きましょう。
P8056345.jpg  


山荘から30分程歩くと、次の標識があります。
(この標識を見落とす人が多いので要注意
この日も鹿児島から来ていた人が間違って三里河原に行ってしまったそうです
P8056349.jpg
ここで左に曲がって『湧塚尾根』方面に行きます。


8:15 徒渉点に到着。わく塚に行くためには川を徒渉しないといけないですが、橋は流されてしまっています
P8056355.jpg

家を出てくるときに、国交省の河川情報(←クリック)で水位を確認したら水位は40cmだったので、「大丈夫、渡れる」と判断して登山を決行したけど、なぜか水位が増えている

後から調べてみると、明け方に大雨が降ったみたいです。
僕たちが徒渉したときは、水位89cmでした
P8056356.jpg

そんなことを知らない僕たちは右往左往して徒渉場所を探して、なんとか渡りきりました
(ギリギリ徒渉できたので、登山前には水位を確認したほうが良いと思います。)
P8056357.jpg


そこから先は、小さな沢沿いを登って行きます。
P8056359.jpg

きつい登りにヒーヒー言いながら登って行って・・・
P8056362.jpg

P8056363.jpg


9:45 袖ダキに到着
指差した先には下わく塚がそびえ立っています
P8056365.jpg


景色を堪能したあとは、一旦稜線から外れて樹林帯の登山道を進みます。

10:20 下わく塚に到着。
下わく塚~中わく塚へは、稜線沿いに進むことができます
P8056369.jpg
<道を少し間違って、なんちゃってクライミング中


逆に中わく塚~上わく塚へは稜線沿いに進めません
道が分かりにくいので要注意
正しい道は、岩峰を右に巻いていきます。
P8056370.jpg
<岩峰を巻いてトラバース>

さらに進んでいると、雨がどしゃ降りに
写真を撮らずに大粒の雨に打たれながら黙々と歩きました

11:20 リンドウの丘に到着。対岸に上わく塚(左の岩峰)と中わく塚(右の岩峰)が見えます
P8056375.jpg

初めての大崩山に感動するKさん
この頃には雨があがってくれました
P8056373.jpg

リンドウの丘からは、ひたすら下ります。
雨で滑りやすくなっているので気を引き締めて下山。
P8056381.jpg


そして、大崩山の名所(難所?)の象岩トラバースです。
P8056382.jpg

左側は切れ落ちています。
P8056385.jpg

私が先に通過して、次はKさんが挑戦
ステップが切ってあるので、慎重に進めば大丈夫。無事に通過できました
P8056388.jpg

目の前には小積ダキが迫力満点にそびえ立っています
P8056391.jpg


雨が止んで楽しい大崩登山貸し切りの大自然を堪能
P8056393.jpg
<なぜか手をグーにしてしまっていた私です(笑)>

坊主尾根にはハシゴとロープを使うところがたくさんあります。もうそれはうんざりするほど九州一の多さです。
整備してくれた人に感謝しないと
P8056396.jpg


14:10 リンドウの丘から下山を始めて2時間半。やっと祝子川まで戻ってきました。
しかし、水位が高めで濡れずに渡るのはムリ
後で、国交省の河川情報で調べたら、このときの水位は57cmでした)
P8056403.jpg

P8056404.jpg


靴は既にびしょぬれなので、気にせず川に突入
P8056405.jpg

無事に渡りきって満面の笑み
水が冷たくて気持ちよかったです
P8056408.jpg

14:40 登山口に帰りつきました。
雨に降られましたが、貸し切りで、涼しくて、楽しい登山でした


<おまけ>
今回の登山は、ナッツ、チョコレート、甘納豆、レーズンをボトルに入れて、特製スペシャル行動食を持って行きました
ボトルに入っているので、手軽に手を汚さずに食べれます。
心配の味はというと、塩気と甘みがマッチしていてGOOD
今度から定番の行動食になりそうです
P8046334.jpg

 


関連記事
スポンサーサイト

| 大崩山 | 16:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大崩山!

やまんちゅさん こんにちはv-290

雨の中 大崩山を歩くなんてすごいですねv-405
象岩トラバースの切り立った崖、写真だけでオケツがずーーん!としましたわv-356
沢渡りはその時その時で水量が違うから予測が難しいですね。
ここにも私の難関がありましたか!!(汗)
ガルモントの靴での水中歩行、思い切れば気持ち良さそうです(笑)

やまんちゅスペシャル行動食、ぜひ参考にさせて頂きまぁ~すv-433

| つる姫 | 2013/08/07 11:09 | URL |

やまんちゅさん、こんにちは!

大崩山、面白そうな山ですね~!ハシゴやロープ、沢歩きもあったりして、トレーニングになりそうです。
やまんちゅさんは、何度か登られているのですね。

象岩トラバース、スリル満点ですね!!

おまけの行動食、確かにボトルに入れると手が汚れなくていいですね。
よく山で持っている人を見かけますが、色んな利点があったのですね。勉強になりました~!

| たまねぎ | 2013/08/07 13:55 | URL |

つる姫さんへ

ほんとは、晴天の中を歩くはずだったんですが・・・。最近は雨男みたいですi-183
象岩のトラバースは、慣れてくるとそんなに怖くないですよ。あそこを通過しないと大崩山に登ったって感じがしませんi-278
ガルモントの靴は雨の中でも抜群の性能で、濡れた岩でも滑り知らずでしたi-184
ただ、靴ひもがゆるみやすいのが難点ですね。。いい締め方・結び方がないか考え中ですi-229

| やまんちゅ | 2013/08/07 19:38 | URL |

たまねぎさんへ

大崩山は本当にいい山ですよ!
私は九州で一番の山だと思っていますi-184

特製行動食は栄養満点で食べやすくて良かったです。
ただ、ナッツの割合が多すぎて塩辛かったですi-229
疲れているときは甘いものが食べたくなるので、甘いものの割合を多くしたほうがいいと思いました。調合の割合を研究せねば(笑)

| やまんちゅ | 2013/08/07 19:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/96-d5b62da7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。