もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阿蘇高岳<仙酔尾根コース>(2013/7/8)

【阿蘇高岳(1592m)】 
おすすめ度:★★★★★  (5)
体 力 度:★★★☆  (3.5)
危 険 度:★★★     (3)
◆行程:<仙酔峡登山口(7:00)~稜線(8:40)~高岳(8:45)(9:05)~高岳東峰(9:20)~(仙酔尾根)~仙酔峡登山口(11:00)>
◆所要時間:4時間(休憩込み)

「もと初心者の登山日記」らしく、久しぶりの登山記事です
今月末の北アルプス遠征のトレーニングのために、岩場が多くて急登の『阿蘇高岳』に登ってきました。


今回のルートです。緑の線に沿って稜線まで上がり、高岳に登頂した後、東峰まで足を伸ばします
左側に尖って写っている岩峰は「鷲ヶ峰」で、クライミングの装備がないと登れません。
P7086350.jpg


朝7時に仙酔峡登山口を出発
トレーニングのために、ザックに大量の水とテント道具を詰め込んで、13kgを担いで登ります。
P7086352.jpg


今回は単独登山ですが・・・、写真には、私が写っています
同じく単独で登りに来ていた方が、私を撮ってくれていました
途中でお話する機会があり、連絡先を交換して写真を送ってくださいました
DSCF2263.jpg


・・・ということで、珍しく私が登っている写真を交えながらブログを進めます

仙酔尾根は、通称『バカ尾根』と言われるだけあって、単調できつい登りが続く
しかも、この日は風が強く、強風で体が吹き飛ばされそうになりながら、必死に高度を上げます。
DSCF2289.jpg


風は強いですが、梅雨明けの青空で気持ちよく登山ができます
DSCF2316.jpg


振り返ると、遠く久住山が雲の間から頭を出しています
P7086379.jpg


岩がごつごつしていて、とても歩きにくいですが、今日は心強い相棒がいます
DSCF2296.jpg

新しい相棒、ガルモント「エルモ GTX」
里山で試し履きしたときは、泥が詰まると滑りやすく「ん」って感じでしたが、
今日は全然滑らず、さらにソールが固いので登りやすく、岩場との相性は良好のようです
足首もやさしく保護してくれて、捻挫の心配もありません。
「これから長い間お世話になります
P7086424.jpg


そんなことを考えながら登っているうちに、稜線にたどり着きました。
DSCF2340.jpg


稜線の道標や案内板が新設してありました
初めて登った人でも安心できますね。
P7086421.jpg P7086402.jpg


高岳山頂に向かいます。写真では分かりませんが、相変わらずすごい風
阿蘇山は風が強いことが多いので、防寒着は必ず持って行くようにしてください
DSCF2350.jpg

一旦下って、登り返すと・・・
DSCF2354.jpg


5分程で阿蘇高岳山頂1592mに到着
ゴロ合わせで『ひごのくに』。熊本人の憩いの山にぴったりで覚えやすいです
P7086389.jpg


山頂で休憩していると、雲がすごい勢いで目の前を流れていきます。
変化があって楽しい景色です
DSCF2363.jpg


休憩した後は、天狗の舞台・東峰を目指します。
高岳山頂からは約15分の道のりです。
P7086399.jpg


天狗の舞台に行く途中、北側を覗くと、鷲ヶ峰がそびえ立っています。
実物は写真よりも、もっと迫力があります
今日は風が強いためか登っている人はいませんでした。
P7086412.jpg


天狗の舞台が近づいてきました。
6月のミヤマキリシマが咲くころは、この一帯がピンク色に染まります
スケールが分かりにくいですが、天狗の舞台は高さ10メートルぐらいあります
P7086405.jpg


天狗の舞台には、溶岩が冷え固まったときの亀裂や浸食の穴ぼこがあって、クライミングしたい衝動にかられます
「これはガバホールドだ」、「これはピンチホールドだ」と考えながら岩を触ることで我慢しました
P7086408.jpg


高岳東峰からは、根子岳がきれいに見えます
真ん中の尖っている『天狗峰』も鷲ヶ峰同様、クライミングの装備がないと登れません。
それにしても、山には「天狗」と名がつく場所が多いですね。
P7086409.jpg


根子岳と高岳の鞍部から登る「日ノ尾尾根ルート」には、警告の看板が立っていました
ルートが寸断して通行できないようです。
P7086410.jpg


下山は歩いてきた道を引き返しました。
高岳の稜線は私の好きな景色です
さえぎるものがなくて、青い空に囲まれた景色を見ていると登山やってて良かったなっていつも思います楽しい一日でした
P7086419.jpg


~おまけ~
北アルプス遠征でテントを使うので、下山後に駐車場で久しぶりに組み立ててみましたが、
約2年ぶりに広げたのでしわくちゃになっていました
組み立てにも時間がかかったので、試しに練習しておいて良かったです。
たまには使わないとダメですね
P7086437.jpg
関連記事
スポンサーサイト

| 阿蘇高岳・中岳 | 21:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは(^O^)/

いいお天気ですねぇ~ヽ(・∀・)ノ
梅雨明けして早速の山行きですね♪

ザック13kgですか・・・
5kgの米が2袋に砂糖が3袋。。。
しかもあのバカ尾根を(゜д゜;)スゴッ!!!
流石やまんちゅさんですね!
靴もバッチリなようで、北アルプスが楽しみですね♪

| かんみ♪ | 2013/07/11 15:03 | URL | ≫ EDIT

かんみ♪さんへ

梅雨明けしてくれて、これからの登山が楽しみですね♪
ザックの13kgをお米と砂糖で例えるとは、さすが主婦ですね(^^)

実は、下山してから腰が痛くなって・・・。
そんなにひどくないですが、オーバートレーニングには注意しないといけないですね(^^;)
北アルプス遠征まであと2週間。今からワクワクしています☆

| やまんちゅ | 2013/07/11 16:59 | URL |

やまんちゅさん、こんにちは!

天気が良くて、いいお写真ですね〜!
北アルプスに向けたトレーニング登山ですか。しかも13キロ!!すごー!!
頂上からの景色がいいですね〜気持ちが良さそうです。

【山頂駅からの山歩き】読ませて頂きました。
月面って表現、いいですね!!掲載されていたお写真は、すべてやまんちゅさんが撮影されたのでしょうか?素敵なお写真ばかりでした。下山後の温泉も紹介されていて、阿蘇山の魅力が、すごく伝わりました。すごいですね。

九州には行った事がないので、いつか山登りと温泉目的で行ってみたいと思いましたψ(`∇´)ψ

| たまねぎ | 2013/07/14 14:35 | URL |

たまねぎさんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます☆

『山頂駅からの山あるき』を読んでコメントしてくれたのは、たまねぎさんが初めてです。
熊本では書店に置いてなくて、全然見かけないです(*_*)

写真は、今までにブログで使ったものを転載しました。
本に載せてもらえるなら、もっと気合いを入れて撮影しとけば良かったと思いました(笑)

ぜひ、九州にも遊びに来てください!
都合が合えば、阿蘇山をご案内しますよ(^^)

| やまんちゅ | 2013/07/14 19:57 | URL |

初心者ですが、、

こんにちわ!いつも登山ブログを拝見しています。登山をしたことがなく、お尋ねしたいのですが、初心者で登るとしたら、何処がお薦めですか?ちなみに阿蘇のロープウェイがある所を登ってみたいのですが、今の時期でも大丈夫でしょうか??冬場は危ないでしょうか、、またいま、火山が噴火したので、規制が出ているようです。
よろしければ、回答の程宜しくお願い致します。

| 美和子 | 2014/01/19 14:50 | URL | ≫ EDIT

美和子さんへ

ブログ訪問ありがとうございます!

阿蘇山に登りたいとのことですが、今は火山ガスが多く出ているので避けたほうがいいです。
噴火警戒レベルが2から1に下がってから登ったほうがいいと思います。
ちなみに規制情報はこちらをご覧ください。→http://www.aso.ne.jp/~volcano/index.html

初心者におススメの山は?とのことですが、熊本であれば以下の山がおススメです。
・俵山(俵山峠コース:http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-category-14.html#no80
・三角岳(http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-category-32.html#no34
・次郎丸嶽(http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-category-12.html
・白嶽(http://yamannchu.blog97.fc2.com/blog-category-45.html
 (白嶽キャンプ場から登ると楽ちんです。)

雪の心配がなくなれば、大分県九重の、牧ノ戸峠~久住山がおススメですi-184

登る前に、インターネットやガイドブックで、どのくらい時間がかかるか下調べをして登ると安心ですよi-179
しっかりと準備して、安全登山で楽しんでくださいねi-179

| やまんちゅ | 2014/01/19 15:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/91-126625d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。