もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阿蘇高岳・中岳(2010/12/12)

【阿蘇高岳(1592m)】 【阿蘇中岳(1506m)】
<仙酔峡登山口~(仙酔尾根)~阿蘇高岳・中岳~(ロープウェー下)~仙酔峡登山口>
おすすめ度:★★★★★  (5)
体 力 度:★★★☆  (3.5)
危 険 度:★★★    (3)

熊本の名峰、阿蘇高岳・中岳に行ってきました。
砂千里から登るルートもありますが、今回は登り:仙酔尾根ルート、下り:仙酔峡ロープウェー下ルートにしました。
いつもどおり、相棒のAさんとの登山です。駐車場をスタートし、いきなり通称「バカ尾根」と呼ばれる険しい登りが続きます
仙酔尾根の地面は石がごろごろしていますが、溶岩が溶けてできているため、石が地面に固定されています。
そのため、歩くときに石を落してしまうことはありませんが、石がボコボコしているところを歩かないといけないので、とても歩きづらい
尾根の中腹あたりから振り返ってみると、阿蘇カルデラ、そして九重まできれいに見えますDSCF5159.jpg

登り始めてから2時間程度で稜線まで到着!稜線上は車も走れそうなぐらい平坦になってます。
歩いていると、周りに視界をさえぎるものはなく、まるで空の上を歩いているような気分です。
奥にボコッと盛り上がって見えているのが「天狗の舞台」です。天狗の舞台を経由して高岳東峰に進みます
DSCF5170.jpg
<景色に感動しているAさん>

そして、高岳東峰に到着。ここはお気に入りの場所です。なぜかというと・・・
根子岳を間近に見ることができるからです!
根子岳のごつごつとしたシルエット、かっこいい~。なぜかわくわくしてきます
DSCF5175.jpg

東峰でしばらく景色を楽しんだ後、高岳に向かいます。東峰から40分ぐらいで高岳頂上に到着。
DSCF5181.jpg<頂上で記念撮影>

続いて、高岳を下り中岳へ。中岳に近づくにつれ周りはまるで火星のような景色に変わります。
2枚目の写真は「砂千里」です。こちらから、登るルートもあります。
DSCF5184.jpg
<中岳火口>

DSCF5185.jpg
<砂千里>

無事、中岳に到着し、ロープウェイ沿いに舗装された階段を下って行きます。
この下りが膝への負担が大きくてきつい
登山者にとって、舗装された階段が一番の天敵だと思いました。
それでも、なんとか下山して、本日の登山は無事終了。何回でも行きたいと思わせる素晴らしい山でした
DSCF5196_20110514091711.jpg


◆標高差:606m 高岳山頂(1506m)-仙酔峡駐車場(900m)
◆所要時間:約5時間(休憩・昼食含む)
◆行程:仙酔峡駐車場~(仙酔尾根)~稜線~高岳東峰~高岳~中岳~仙酔峡駐車場

関連記事
スポンサーサイト

| 阿蘇高岳・中岳 | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/9-8725795f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。