もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

槍穂縦走その2(2012/7/28)

7月28日(土):横尾(4:40)~槍沢(5:00)~槍ヶ岳山荘(9:40)~槍ヶ岳往復(50分)~槍ヶ岳山荘発(11:55)~大喰岳(12:35)~中岳(13:30)~南岳(14:45)~南岳テント場(14:55)

北アルプスで迎える2日目。
今日は横尾から槍ヶ岳まで一気に登って、槍ヶ岳から南岳まではアップダウンを繰り返しながら標高3000mの稜線歩き。標高差約1500m、距離約12kmの長い道のりです

早朝3時に起きて、カップヌードルで腹ごしらえしてテントを撤収。まだ薄暗いなかヘッドランプの明かりを頼りに4時40分に横尾を出発!
槍沢ロッジを過ぎるころには周りが明るくなってきました。今日もいい天気
IMG_2423_20120809235303.jpg
<槍沢を過ぎると雪渓が現れます>


雪渓をトラバースするところは、歩きやすいようにカットしてあってアイゼンなしでも大丈夫。雪渓を抜ける風が冷たくて立ち止っていると寒いぐらいです
IMG_2428_20120809235302.jpg
<先行する先輩たち>


途中、ガスってきて「また今年も槍は見えないのかな」っと思っていましたが、
殺生ヒュッテとの分岐まで来ると、槍が「1年ぶりに待ってましたよ」と言うかのようにガスが晴れてきました初めて見る槍の雄姿に感動(去年は雨で見えなかったので。)
IMG_2438_20120809235302.jpg
<槍を見上げる私。テントや食料で65Lザックがパンパンです


見えているけどなかなか着かない槍ヶ岳。きつい登りが続きます。槍を眺めながら一歩ずつゆっくりと着実に
IMG_2441_20120809235301.jpg


槍と反対側には大喰岳が見えています。槍に登った後はこの稜線を歩いて南岳に向かいます。
どこを見てもアルプスって感じ風景で、本当に来て良かった
IMG_2442_20120809235301.jpg


横尾を出発してから約5時間で槍ヶ岳山荘に着きました。
青空の中にそびえる槍ヶ岳。遠くで見るほどは尖っていないけど、存在感があります
DSCN0443_20120809235301.jpg


ここからは、昨年槍ヶ岳山荘でご一緒して以来、仲良くさせていただいている鹿児島のベテランクライマーのSさんと合流。事前に連絡を取り合って日程を合わせていました

休憩して体力を回復したあと、槍の山頂にアタック開始
思っていたほどは渋滞していなくて山頂まで25分ぐらいでした。槍に登るなら午前中のほうが混雑していないと思います
IMG_2450_20120809235538.jpg

浮石に気をつけながら登って、
IMG_2452_20120809235537.jpg

足を滑らせないようにハシゴを登って、
IMG_2455_20120809235536.jpg


晴天の槍ヶ岳に山頂に到着標高3180m、日本第5位の高峰です
最高の景色で自然と笑顔があふれます
IMG_2460_20120809235620.jpg
<思い出に残る集合写真真ん中ではしゃいでいるのが私です。>


山頂からの眺めはというと・・・
まずは、北鎌尾根。難易度が高いので一般登山者は通行禁止です。
IMG_2462_20120809235619.jpg


次に東鎌尾根。右下に殺生ヒュッテ、真ん中あたりに見えるのがヒュッテ大槍です
一番奥にそびえる三角形の山は「常念岳」。
IMG_2463_20120809235619.jpg


山頂は場所がせまいので、交替で写真撮影。すれ違うときもお互いに声を掛け合います。
IMG_2465_20120809235618.jpg


山頂を楽しんで槍から降りていると、ぞくぞくと登山者が登ってきていました。
下山路の、鎖をつかんでトラバースする場所だけは注意しないと危ないと感じました
IMG_2469_20120809235618.jpg


次は槍ヶ岳から南岳への標高3000mの縦走路。一旦、鞍部まで降りてから大喰岳へ登り返します。
IMG_2474_20120809235617.jpg
<奥に見えているのが「大喰岳」>


そして標高3101mの大喰岳(おおばみだけ)山頂に到着。槍ヶ岳を眺めるのに最高の場所です
IMG_2481_20120809235947.jpg
<赤い屋根の槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳


まだまだ稜線歩きは続きます。次は中岳へ
IMG_2489_20120809235946.jpg


午後になりガスが湧いてきました。せっかく眺めのいい稜線なのにと思っていると・・・
IMG_2493_20120809235946.jpg


特別天然記念物のライチョウさんとご対面親子連れで、ひなをお腹にかくまっていました。ガスが出てくると現れるというのは本当でした。
IMG_2503_20120809235945.jpg


そして標高3084mの中岳山頂に到着。ライチョウの神秘の力で、あたり一面真っ白
すっかりガスに包まれて何も見えません
IMG_2511_20120809235945.jpg


で、本日の宿泊地の南岳はというとまだまだ先
早朝に出発して9時間近く行動しているので、もうくたくたです。
また下って、最後のピーク南岳を目指します。
IMG_2513_20120810000215.jpg
<奥にうっすら南岳が・・・>


下ったと思ったら今度は登って・・・
IMG_2521_20120810000215.jpg


まだはるかかなたの南岳を見ながら歩いて・・・
IMG_2524_20120810000214.jpg
<奥のピークが南岳。遠い

IMG_2525_20120810000214.jpg
<南岳の岩壁と雪渓>


開けた稜線を歩くと・・
IMG_2526_20120810000213.jpg


標高3033mの南岳山頂にやっと到着
IMG_2527_20120810000213.jpg


山頂から10分下って南岳テント場に着きました。
IMG_2535_20120810000237.jpg
<黄色いテントが僕たちの寝どころです>


楽しみにしていた夕日はガスで見えなかったけど、それはそれで神秘的な感じ
DSCN0458_20120810000238.jpg


ビールを飲んで、ベンチでくつろいでいたら寒くなってきたので、テントの中で夕食
本日は「カレーうどん」。トッピングのご飯はお好みで
IMG_2537.jpg

みんなぐったりで19時には就寝
明日は今回の遠征の一番の目的「大キレット」
楽しみでもあり、少し不安も・・・。
関連記事
スポンサーサイト

| 槍ヶ岳~大キレット~北穂高岳 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/67-334e81a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。