もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京丈山<ワナバノ谷ルート>(2012/3/12)

【京丈山(1473m)】<ワナバノ谷ルート>
おすすめ度:★★★★  (4) 登山道が整備されていれば・・・ 
体 力 度:★★★☆  (3.5)
危 険 度:★★★★    (4)
※登山道がかなり荒れているうえに道が分かりにくいので要注意です

◆行程:<ワナバノ谷登山口(10:00)~稜線分岐(12:20)~山頂付近?(13:00)(13:15)~ワナバノ谷登山口(15:15)>
◆所要時間:約5時間15分(休憩・食事込み)

九州百名山のひとつ、京丈山(きょうのじょうやま)に行ってきましたが、
今回は登山道探しで時間がかかったり、山頂が分からなかったりと、惨敗の登山でした・・・

京丈山にはいくつか登山口がありますが、九州百名山の本に載っていた「ワナバノ谷登山口」から登ることにしました。
登山口には車が数台停めれるスペースがあります。
10時に登山口を出発
IMG_1775.jpg


登山口看板にこんな書き込みが・・・。
IMG_1776.jpg

「危険箇所多数あり」にはちょっとびびります。
この看板に書いてある
・最後の水場のプレートより右上にずっと登り上る
・林道も横切る
が、この登山道の間違えやすいポイントでした。

この登山道には「ピンク」、「赤」、「黄」、「白」のテープがあり、とても分かりにくいです
登った感じでは、
「赤」、「黄」:登山道
「ピンク」:林業用
「白」:不明

特に「ピンク」はいろんなところにあって、かなり混乱させられました。
「赤」、「黄」のテープも剥がれているところが多数あります。

結局、序盤は「ピンク」テープを頼りに進んで行って、「赤」テープが出始めたらそれを目印に進んで行くといいと思います。
IMG_1821.jpg


沢沿いを進んで行くと、何度か徒渉する箇所があります。
IMG_1777.jpg


この写真は斜めに撮っている??
いやいや、かなりの斜面で木が斜めに生えています
IMG_1780.jpg


同じく斜面ですが、こちらはロープを使ってトラバースします。
登山道はかなり崩れやすく、雪道を歩くように地面に蹴りこんで進みます
IMG_1785.jpg


沢沿いには落葉樹が広がっていました。新緑や紅葉のころはきれいだろうな・・・
IMG_1782.jpg

水は透明ですごく冷たい! 夏に入ると気持ちいいだろうな・・・
IMG_1788.jpg


そして、登山口看板に書いてあった「最後の水場プレート」の場所。
「右上に登る」が正解ですが、ここで、痛恨のミス。
プレートがひっくり返っていて気がつかずそのまま真っすぐ進んでしまいました。
IMG_1790.jpg


少し進んで何かおかしいと思い、地図を見て間違いに気付きました。
登山道は右上というよりも、ほぼ180°右にまわるような感じです。

登山道に戻って進んで行くと、途中から赤テープがなくなりました。
どうやら木が登山道をふさいでいるみたいです。写真手前の枯れ沢沿いに進むと登山道に合流します。
IMG_1816.jpg

登山道との合流地点にはなぜかヘルメットが・・・。
IMG_1815.jpg


そして、林道に出合いますがここでもミス
何も考えずに林道沿いをしばらく進んでしまいました。。
よく見ると、写真のうえのほうにピンクのテープが。登山口の看板にも「林道を横切る」と書いてあったのに
IMG_1792.jpg


それから急坂を登って行くと稜線分岐に到着。
IMG_1802.jpg


稜線沿いにはモミなどの大木がたくさんあり、とても気持ちがいい
IMG_1797.jpg


さらに進むと落葉樹の林と苔むした石灰岩の一帯に出ます。そろそろ山頂のはず。
IMG_1804.jpg

IMG_1806.jpg


・・・が、山頂がどこにもない
しばらく山頂を探したが見つからず
予定よりも時間が遅れていることもあって、今回は登頂を断念しました
IMG_1807.jpg
<山頂付近??>

ただ、景色は晴天で最高でした
IMG_1809.jpg


山頂に立てなかったのがくやしかったので、
明日、今度は「ハチケン谷登山口」から登ってみることにします

「ハチケン谷登山口」から登った記事はこちら(←クリック)

<おまけ>
間違えやすい箇所を地図に記入しているので参考にしてください
赤線はワナバノ谷ルート、緑線はハチケン谷ルートを私が歩いた軌跡です。
「稜線から右に巻くように進む」と書いている箇所は、黒点線が正解です(赤線は私が間違って進みました)。
re0京丈山地図(切り抜き)
関連記事
スポンサーサイト

| 京丈山 | 13:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/52-6d2d9ab7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。