もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久住山・星生山・扇ヶ鼻<赤川荘ルート>(2011/12/5)

【久住山(1787m)】【星生山(1762m)】【扇ヶ鼻(1698m)】
<赤川荘登山口~久住山~星生山~扇ヶ鼻~赤川荘登山口>

おすすめ度:★★★★  (4) 
体 力 度:★★★★  (4)
危 険 度:★★★     (3)

今回は九重の登山ルートの中で少しマイナー?な、赤川荘から登りました。
ルートは、赤川荘から久住山、星生山、扇ヶ鼻、そしてそのまま扇ヶ鼻から下り赤川荘に戻る周回ルートです。

日の出を見ながら登りたいと思い、まだ夜が明けていない6時20分に赤川荘登山口を出発しました。
ヘッドランプの明かりを頼りに登っていきます。
IMG_1236.jpg
<赤川荘登山口。この写真は下山時に撮ったものです。出発時は真っ暗でした。>


登り始めて5分程で、久住山方面と扇ヶ鼻方面の分岐に出ます。久住方面に進みます。
IMG_1235.jpg<この写真も下山時のものです。>


登っているとだんだん明るくなってきました。
気温は0℃ぐらいで、足元を見ると立派な霜柱ができていました。
IMG_1146.jpg


ちょうど中間地点あたりまで進んだ頃に、日が登ってきました。
瀬の本高原の空が赤く染まっていきます。
IMG_1163.jpg


山の裾から太陽が顔を出しました
登山者は誰もいなくて、静かな夜明けです。
IMG_1164.jpg


日の出を満喫し気分をリフレッシュして再び登山開始。
登るに連れて、道はどんどん険しくなり息が上がります。
牧ノ戸から久住山に登るのよりも3倍は疲れます

それでも頑張って登り、約2時間で久住山山頂に到着。
標柱と太陽が同じ高さです。
IMG_1186.jpg
<久住山(1787m)山頂>


山頂からの景色です。
この日は大分側にたくさんの雲が湧いていて、雲は久住山を乗り越えて熊本側に流れていました。
IMG_1191.jpg
<天狗ヶ城(左)と中岳(真ん中)。奥の頭を出している山は大船山。>


IMG_1187.jpg
<久住避難小屋付近を雲がダイナミックに流れていきます。>


IMG_1193.jpg
<根子岳(真ん中)と阿蘇高岳・中岳(右)。奥にうっすら見えているのは熊本県最高峰の国見岳。>


コーヒーを飲んで山頂でくつろいだ後は、星生山に向かいます。
星生山までの登山道は大きな岩が多く、高度感もあり、ほんの少しスリルを楽しめます。
IMG_1205.jpg
<久住別れから星生山への登山道>


そして星生山山頂です。後ろに硫黄山の噴煙が上がっています。
IMG_1211.jpg<星生山(1762m)山頂>


次の山、「扇ヶ鼻」までは写真右端の稜線沿いに降りて行きます。
一番奥の台形状の山が「扇ヶ鼻」です。
扇ヶ鼻の手前から左に伸びている平坦な道は牧ノ戸から久住山に向かう登山道です。
IMG_1213.jpg


扇ヶ鼻に向かう途中、木に霧氷ができていました。
太陽の光を浴び、輝いていてきれいでしたが、写真ではうまく撮れませんでした。
ぜひ九重に行って、実物を見てください
IMG_1220.jpg


扇ヶ鼻山頂に到着です。星生山から40分ぐらいでした。
人気がないためか、山頂には誰もいません。
IMG_1225.jpg<扇ヶ鼻(1698m)山頂>



昼食を終え、扇ヶ鼻から赤川荘に向けて下山します。
下山路は黒土でとても滑りやすく、2回もこけてしまいました。
根子岳の大戸尾根登山道に似た感じの滑りやすい道です
IMG_1229.jpg
<扇ヶ鼻から赤川荘への登山道>


赤川荘近くまで下ってくると、木々が増えてきました。
もちろん紅葉は終わっていますが、登山道にはたくさんの落ち葉があり、紅葉の頃はきれいだろうなと思いました
IMG_1231.jpg
<木のトンネル>


そして12時20分に赤川荘登山口に戻ってきました。
ちょうど出発してから6時間です。
今回のルートは、登山者が少なく静かに登りたい人にお勧めです。
ただ、赤川荘~扇ヶ鼻の登山道は滑りやすいので、今回と同じ周回ルートを行く方は、赤川荘~扇ヶ鼻を登りに使うといいかもしれません。


◆行程:<赤川荘登山口(6:20)~久住山(8:10)(9:00)~星生山(9:50)(10:00)~扇ヶ鼻(10:40)(11:20)~赤川荘登山口(12:20)>
◆所要時間:6時間
関連記事
スポンサーサイト

| 久住山・中岳・星生山 | 16:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すばらしい!

霜柱・青空・雲の流れ・樹氷・日の出。
どれを見ても最高ですね。
私の気持ちをそそるものばかりです。
今週は寒気の流れ込みで雪の予報も出たようです。
出来れば今季初の冬山登山に行きたいですね。

| tsurikichi | 2011/12/05 21:44 | URL |

Re: すばらしい!

いつもコメントありがとうございます。

いつもは人が多くてうんざりする九重も、平日&朝駆けでゆっくり楽しむことができました。
これからは冬山のシーズンですね。
雪が積もって、霧氷ができていて快晴の中、登山出来たらいうことなしですね。

| やまんちゅ | 2011/12/06 23:43 | URL |

早速遊びにきました。

素晴らしい景色ですね。
私もこの山に登ってみたいです!

| 山歩赤熊 | 2011/12/07 18:47 | URL | ≫ EDIT

Re: 早速遊びにきました。

まずは、牧ノ戸峠から久住山を目指して登ってみてはいかがですか?
片道2時間半ぐらいかかりますが、そんなに標高差がないのでおすすめですよ。

| やまんちゅ | 2011/12/07 19:00 | URL |

山がやまんちゅさんを呼んでいる

やまんちゅさん
今晩は
赤川からの早朝登山
素晴らしい景色を満喫されましたね

独り占めして観る日の出や霧氷に
感動されたことでしょう

山登りを初めて一年でよくぞ体力のいる
山々に単独で挑戦されますね
感心しています
山行記期待しています

| ぼん天棒 | 2011/12/07 21:15 | URL |

Re: 山がやまんちゅさんを呼んでいる

ぼん天棒さんコメントありがとうございます。

早朝登山は朝の静けさが大好きです。
自然との一体感があって、日ごろのちょっとしたストレスも吹き飛んでしまいます。

仕事が平日に休みのことが多くて、単独で登ることが多いです。
単独にも良さはありますが、たまには気の合う仲間と登りたいですね。

| やまんちゅ | 2011/12/07 21:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/40-ddb24aff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。