もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久住山<牧ノ戸~大曲>(2011/10/9)

【久住山(1787m)】
<牧ノ戸登山口~久住山~御池~北千里ヶ浜~スガモリ越~大曲登山口>
おすすめ度:★★★★★  (5) 
体 力 度:★★★☆   (3.5)
危 険 度:★★★     (3)

今回は総勢8名の大所帯での登山です
10月の3連休中ということで、朝7時半にもかかわらず、牧ノ戸峠駐車場は満杯
牧ノ戸峠から少し離れた駐車場に車を止め、もう一台を下山場所の大曲に停めました。

8時に牧ノ戸峠を出発
IMG_0819.jpg


この日は快晴で、雲ひとつない青空
絶好の登山日和です
IMG_0826.jpg
<青空と沓掛山>

ただ、西千里ヶ浜に出るまでは、登山道が狭いため、多くの登山者で渋滞していました
西千里ヶ浜まで出ると、星生山を見ながら快適なトレッキングが楽しめます
IMG_0833.jpg


約2時間弱で久住別れ手前の避難小屋に着きました。
小屋の前で休憩をして、今日の目標の山、九州で2番目の標高の「久住山」を目指します
IMG_0838.jpg
<避難小屋から久住山山頂にたくさんの人がいるのが分かりました

ゆっくりと着実に標高をかせいでいきます。後ろを振り返ると、九州で標高1位の中岳と天狗ヶ城が見えます
IMG_0840.jpg
<左:天狗ヶ城  右:中岳>

山頂まであと少し。みんなの足取りも軽く?なります
IMG_0841.jpg


そして、牧ノ戸峠から2時間半で久住山の山頂に到着
山頂にはたくさんの人がいて、山頂標柱のところは記念撮影待ち状態でした
なんとか記念撮影をすませて、眺めがいい場所で昼ごはんです
IMG_0845.jpg
<山頂から見る三俣山(中央)>

今回も恒例?の山ボーイ、山ガールの写真を撮ってみました
まずは、山ボーイ photo by K(私です) 
IMG_0847.jpg
<硫黄山の状態を確認中 足元の木々は少し紅葉しています

次に、山ガール photo by A 
IMG_0850.jpg
<広い青空を見ていると普段の疲れも吹き飛びます

山頂で昼ごはんを食べた後は、久住山を下って久住別れから御池に向かいます。
少し登り返さないといけませんが、久住山を登ったみんなは楽勝のはず
IMG_0868.jpg
<御池から見た久住山(奥)と久住別れ>

御池からは中岳がきれいに見えていました。
IMG_0873.jpg
逆さ「中岳」

御池の近くにはきれいな花が咲いていました
リンドウです
IMG_0876.jpg


御池を楽しんだ後は、久住別れまで戻って北千里ヶ浜に下っていきます。
ところが・・・。
この下りが思ったよりもきつかった
大きな石がごろごろしていて、膝への負担大です
下りに慣れるまでは、この道はおすすめしません
IMG_0877.jpg
<なんとか北千里ヶ浜に到着。みなさんお疲れの様子です

そして、スガモリ越経由で大曲へと下山しました。
きつい登山でしたが、晴天の中登ることができて、楽しい登山でした
IMG_0878.jpg
<スガモリ越小屋と三俣山>

◆行程:<牧ノ戸登山口(8:00)~久住山(10:30)~御池~北千里ヶ浜~スガモリ越~大曲登山口(14:00)>
◆所要時間:6時間
関連記事
スポンサーサイト

| 久住山・中岳・星生山 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/30-9435626b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。