もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ザック(モンベル『リッジラインパック 30』)

新しいザックを買っちゃいました!!

その名はモンベル 『リッジラインパック 30』」

軽量で高強度のザックです。


2010年10月に登山を始めてすぐ買った「モンベル 『チャチャパック30』」を愛用してきましたが、だいぶ傷んできたこと、少しでも軽量化したいと思ったことが買い替えのきっかけです

IMG_20180209_194750.jpg

<左 紺色がリッジラインパック  右 灰色がチャチャパック>


ここで少しリッジラインパックの紹介を


リッジラインパックは雨蓋がないタイプのザックで、荷物の出し入れは、上部のファスナーから行います。

防水素材の一枚布で作られていて、ファスナー部分もある程度防水処理がされているようです。

ファスナー部分を隠せば雨がしみこまないで、ザックカバーは、ザック上部のみです。

(ただし、背中部分は防水処理されていないので要注意

IMG_20180209_211043.jpg

<ファスナ部分>


IMG_20180209_210933.jpg

<付属のザックカバー>


また、ハイドレーションを搭載可能で、チューブを通し固定できるようになっています。

チューブ固定のクリップを無くしてしまった私としてはかなりGOOD

IMG_20180209_205651.jpg


そして、購入した30Lタイプは、2つ折りの状態で厚み約1.2cmのマットがザック背面を支えています。

IMG_20180209_211809.jpg

<ザックからマットを取り出し、伸ばした状態 厚み約0.6cm×100cm>


IMG_20180209_211829.jpg

<マットを2つ折りにした状態(ザックに入っている状態)厚み約1.2cm×50cm>


腰ベルトは、ストラップのみなので、重い荷物だと肩への負荷が大きそうですが、逆にメリットとして、軽量、クライミングで邪魔にならない、そして、テントで足にザックを敷いて寝るときの寝心地がよさそう

IMG_20180209_212201.jpg

<ザック裏面 腰ベルトは背面に収納している状態>


そして、一番の売りは、とにかく軽いこと。


8年前に買ったチャチャパックと重さを比べると、

チャチャパック30 1.6kg(ザックカバーなし。ザックカバーは約100g)

リッジラインパック30 600g(ザックカバー込み)


ザックだけで1kgも軽量化すごい


このザックでテント泊は可能か?

まず、無理とは分かっているけど、試しに詰めてみました

ついでに、今後の軽量化のために、それぞれの道具の重量も図ってみたので、自分のメモ用に記載↓

IMG_20180209_201923.jpg


  1. テント 696g(アライテント エアライズ2)

  2. テント用グラウンドシート 212g

  3. テントフレーム、ペグ 573g

  4. フライシート 379g

  5. シュラフ 621g(モンベル ULスーパースパイラルダウンハガー#3)

  6. マット 490g(サーマレスト プロライト レギュラーサイズ)

  7. ガスバーナー、ガスカートリッジホルダー 220g(プリムスP153)

  8. ガスカートリッジ 220

  9. タオル 90g

  10. ケトル 196g(プリムス)

  11. 食器、コップ、箸 208g(100円ショップ)

  12. レインウェア 上 363g(モンベル ゴアテックス)

  13. レインウェア 下 245g(モンベル ゴアテックス)  

  14. ダウンウェア 286g(ユニクロ)

  15. 長袖 276g(モンベル ジオラインM.W.ハイネック)


こうやって見てみると、水、食料を除くと、テント、シュラフ、マットが重いのが良く分かります。

そして、意外と洋服が重い(長袖1枚で276g)・・・。

軽量化には、着替えをなるべく少なくすることがポイントのようです


話がそれましたが、30Lザックに詰めた結果はというと・・・、

IMG_20180209_202521.jpg


プラティパス以外全て入りました

ただ、水も食料も入っていないので、テント泊はとても無理


水3L(ハイドレーション2L、プラティパス1L)を入れてみると・・・、

寝袋が入らず、テントを入れるもザックが閉まらず

食料も入っていないのにこの状態なので、根本的に装備を見直さないと無理そうです

IMG_20180209_205005.jpg

<水3Lを入れた状態>


リッジラインパックは、引っ掛けるところが色々あるので、外付けができるけどさすがにこれはダメでしょ(笑)↓

IMG_20180209_205401.jpg



容積をとっているのが、テント、シュラフ、マットの大御所3つ。

これらをサイズダウンすれば、30Lザックでの軽量でのテント(ツェルト)泊の可能性が出てくるかも

IMG_20180209_204713.jpg  


ということで、今のところの結論としては、リッジラインパック30でのテント泊は無理だけど、日帰り登山では、軽量高強度でかなり良さそう

実際に山で使ったら、またレポします



<おまけ>

ちなみに、チャチャパックに水3L以外を入れてみたところ・・・

IMG_20180209_203312.jpg


全て道具が入りました!

そのうえ、まだ余裕がありそうです。

IMG_20180209_203352.jpg IMG_20180209_203329.jpg


容量的には、同じ30Lでも、チャチャパックのような雨蓋タイプのほうがたくさん入るみたいです。

関連記事
スポンサーサイト

| ザック・登山靴 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamannchu.blog97.fc2.com/tb.php/128-97c09c7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT