もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大崩山(2014/10/19)

【大崩山(1643m)】
おすすめ度:★★★★★  (5) 
体 力 度:★★★★★  (5)
危 険 度:★★★★   (4)
◆行程:<上祝子登山口(7:00)~大崩山荘(7:30)~わく塚への徒渉点(7:50)~袖ダキ(9:05)~下わく塚(9:40)~中わく塚~上わく塚(10:50)~リンドウの丘(11:30)(12:00)~(坊主尾根)~上祝子登山口(14:50)>
75012010101.jpg
◆所要時間:7時間50分(休憩込み)
※このコースは8時間近くかかるので、早朝に出発するようにしてください
※道が分かりづらいところがあるので、十分注意してください


職場の山仲間と、『九州の秘境』 大崩山に行ってきました
3:30に熊本を出発して、登山口に7時に到着。
登山口には、紅葉シーズンということもあって、たくさんの車が止まっていました。

7:00 登山口を出発。
PA190024.jpg

30分ほど歩くと、大崩山荘に着きます。
ここから道が分岐するので、初めての方は要注意
わく塚に行く人は、川沿いに『三里河原』方面に行きましょう。
P8056345.jpg


しばらく歩くと、最初のロープ場があります。
他の山だとスリリングな場所になるかもしれませんが、大崩山ではこの後にうんざりするぐらいロープ場、ハシゴ場があります
PA190027.jpg


山荘から30分程歩くと、次の標識があります。
(岩の後ろにあって、この標識を見落とす人が多いので要注意
P8056349.jpg
ここで左に曲がって『湧塚尾根』方面に行きます。


徒渉点の橋は流されたままで修復されていません。
この日は、1週間ぐらい晴れ続きだったので岩沿いに徒渉することができましたが、雨の後は徒渉は難しいと思います
PA190028.jpg


徒渉を終えると、小さな沢沿いに登って行きます。
途中、大きな岩があったので記念撮影
ノースフェイスのロゴが光り輝いています(笑)
PA190029.jpg


沢沿いの道は、最初ゆるやかですが最後がきつい
袖ダキ目指してもうひと頑張り!
PA190033.jpg


9:05 袖ダキに到着。
景色はというと・・・残念ながらガスの中
天気予報は快晴だったのに、山の天気は分からない
PA190035.jpg


それでも高度感は伝わってきます。
今回初めて大崩山に来た二人は、恐る恐る谷を覗いて高度を楽しんでいます
PA190036.jpg


袖ダキからは一旦稜線から下って、再度登り返します。
PA190040.jpg


9:40 下わく塚に到着。相変わらずガスの中。。
PA190045.jpg


以前登ったときは、下わく塚から中わく塚まで稜線を少し巻いて進むことができましたが、現在は、登山道が崩壊していて一旦下って登り返さないといけません。
(無理して稜線沿いに進んで、大キレット以上のスリルを味わいました

中わく塚~上わく塚も稜線沿いに進むことはできないので要注意です
PA190046.jpg

IMG00708.jpg


途中、休憩をしているとだんだん青空が見えて来ました。
これはこの後期待できる
PA190050.jpg


10:50 上わく塚に到着
さっきの青空はどこに行ったのか、相変わらずガスの中です
上わく塚へは、巻道があるので、そちらから登るといいです。
私は、以前他の人のブログで直登できると書いてあったのを見ていたので、ザックをデポして直登しましたがなかなか大変でした。
直登は、止めた方が良いと思います
PA190055.jpg

IMG00721.jpg


11:30 リンドウの丘で昼食。
景色はイマイチだけど、山で食べるカップラーメンはうまい
腹ごしらえして、下山にかかります。

しばらく歩くと、難所の象岩に到着。
PA190065.jpg


大崩山初めての二人は怖がるかなと思ったけど、難なくクリア
もう少し怖がって欲しかったんだけど・・・
PA190066.jpg


それからも難所は続く。
ロープとハシゴの合わせ技
PA190069.jpg

ワイヤー with 金網通路
PA190072.jpg

14:10 リンドウの丘から約2時間で徒渉点に到着。
PA190075.jpg


岩沿いに飛んで渡れないこともなかったけど、安全第一で浅いところを探して徒渉しました。
冷たい水で疲れた足もリフレッシュ
PA190076_201410261428039d2.jpg


14:50 登山口に到着。
景色は楽しめなかったけど、登りごたえ十分で達成感のある登山でした
大崩山は、何度来てもまた来たいと思わせる山です
PA190078.jpg
スポンサーサイト

| 大崩山 | 14:12 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。