もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日向神クライミング<サンセットエリア>(2013/11/24)

約2カ月ぶりに日向神クライミングに行ってきました

日向神ダムから見る大岩壁。
クライミング好きなら、誰でもワクワクする光景です
PB240001.jpg


待ち合わせ時間よりも少し早く着いたので、アップを兼ねて周辺を散策してみようっということで早速見つけた秋らしい風景。
黄色い葉っぱと透き通った川がいい感じ
PB240005.jpg


次に見つけたのは、岩壁を登るクライマー。
真ん中あたりに人が張り付いているのが分かりますか??
普通の人は、なんでこんなことをするのか理解できないんだろうな~
PB240008.jpg


しばらくクライマーを眺めていると、今日のメンバーが集合したので、目的地の『サンセットエリア』へ。
『サンセットエリア』は、奥日向神の駐車場から歩いてトンネルを抜けて左に登るとあります。

アップに5.10aのルートを二つ登った後に、5.10bの『お茶を一服』に挑戦
今までの外岩での最高グレードが5.10aなので、果たしてグレードを更新できるのか?? 

縦ホールドが多いので、うまく体の重心を振りながら登って行って…
PB240014.jpg

PB240015.jpg

PB240019.jpg
15mのルートを登り切りました
最高グレード更新です


調子に乗って次は、2グレード難しい5.10dの『物見遊山』に初めて挑戦しました。

最初から無理だろうと思いながらも、無心で必死に登ってみると、自分の登りと相性が良かったのか完登しました
自分でもびっくりです。これで最高グレードをさらに更新

そして、今年の始めに立てた目標のひとつ『 5.10dを登る 』を達成しました
PB240021.jpg
<『 物見遊山 』 5.10d 16m >

PB240026.jpg
<Mさんが物見遊山を登っているところ。残念ながら自分の写真は撮りそこないました。>


今日は調子がいいかもっということで、野望は大きく、さらに難しい5.11aの『プリティーウーマン』にも挑戦しました…が、結果は惨敗。。。
クライミングは、さすがにそんなに甘くない
NCM_0054.jpg

PB240032.jpg

NCM_0056.jpg

PB240033.jpg


今日の結果は、
『八女茶のチャチャチャ(5.10a)』 
『ひまわり(5.10a)』 
『お茶を一服(5.10b)』 
『物見遊山(5.10d)』  
『プリティーウーマン(5.11a)』 ×
でした。

一日で最高グレードが5.10a→5.10dに大幅UPした記念すべき日になりました
次に目指すは夢の5.11台のグレード。
グレードを更新することができるのは、いつの日になるのか…
スポンサーサイト

| クライミング | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲仙普賢岳(2013/11/4)

【普賢岳(1359m)】
おすすめ度:★★★★ (4) 
体 力 度:★★★   (3)
危 険 度:★★     (2)
◆行程:<池ノ原駐車場(8:50)~仁田峠(9:20)(9:25)~妙見岳ロープウェイ駅(9:50)(10:00)~国見分かれ(10:20)~北の風穴(11:00)(11:10)~鳩穴分かれ~立岩の峰(11:25)(12:15)~普賢岳(12:40)(13:05)~紅葉茶屋(13:35)~仁田峠(14:25)(14:40)~池ノ原駐車場(15:05)>
◆所要時間:6時間15分(食事・休憩込み)
s-雲仙地図(加工)
<クリックすると大きくなります>

久しぶりに山に行ってきました
今回は、総勢9名での雲仙紅葉トレッキング 

熊本港始発の7時のフェリーに乗っていざ雲仙へ
PB046494.jpg


50分で雲仙が見えてきました。山頂付近はガスがかかっているけど、今日は晴れの予報
登るころにはガスがなくなってくれるはず
PB046498.jpg

PB046500.jpg
<山が見えてテンションが上がる僕とAさん>


予定では、仁田峠ロープウェイ乗り場から登山開始のはずでしたが、紅葉期間中の休日は駐車場が混雑するので登山者は駐車禁止とのこと
250mほど下ったところにある「池ノ原駐車場」にまわされました
ミヤマキリシマや紅葉の時期の休日に登山を計画している人は注意しましょう

【8:50】池ノ原駐車場を出発!
PB046503.jpg

登山道はしっかり整備されていて、スニーカーでも大丈夫。
ちょうどいいアップになります。
PB046504.jpg


【9:20】30分で仁田峠駐車場に到着。まだ、駐車場は空いているのにな~と思いつつ、先に進みます。
ここからは、男性陣と女性陣に分かれて、女性陣は体力温存のためロープウェイで上がり、男性陣は節約のため歩いて登ります
PB046505.jpg
(ロープウェイは大人610円。標高差約180mを3分で登ります)


ロープウェイに負けじと猛ダッシュで登る男性陣。きれいな紅葉が見られるようになってきました
PB046507.jpg


【9:50】妙見岳ロープウェイ駅に到着。
女性陣を待たせているのかなと思ったら、僕たちのほうが早く着きました
ロープウェイ乗り場が混雑していたみたいです。歩いて登ったほうが早いんですね。
PB046509.jpg


妙見神社にお参りして、ここからは本格的な登山道へ。
PB046511.jpg


【10:20】妙見岳ロープウェイ駅から20分で国見分かれに到着。
しかし、未だガスは晴れず・・・。国見岳に登っても何も見えないだろうということで、国見岳はパスして先に進みます。
PB046512.jpg

PB046513.jpg


鬼人谷口からは、平成新山の近くまで行ける『新登山道』へ。
ガスの中にはうっすらと紅葉が・・・。
PB046515.jpg


足元を見ると落ち葉がたくさん。少し紅葉のピークを過ぎている感じがしました。
PB046521.jpg


標高を上げるに連れて、だんだんと視界が広がってきました。
今日の登山で一番高い『立岩の峰』まであと少し
PB046524.jpg

【11:25】立岩の峰に到着。
目の前には平成新山がドンとそびえているはずが、まだガスの中
ガスが晴れるのを待つ間、早めの昼食としました。
PB046525.jpg


カップラーメンを食べた後、なんとサプライズプレゼントが
実は登山の翌日が僕の誕生日。そして、一緒に登っていた人のうち3人が11月誕生日でした
重いのに山ガールが内緒で運びあげてくれました
周りのおっちゃん達からも羨望のまなざしで見られ、最高の思い出になりましたありがとう
PB046526.jpg


【12:15】おいしいケーキを食べている間もガスは晴れず、あきらめて普賢岳に向けて出発。
PB046532.jpg


しばらくすると、待ちに待った青空が見えてきました
PB046534.jpg


今まではガスで見えなかったけど、紅葉がきれいです
今日一日ガスの中の登山で終わりかと思っていたので、うれしさも倍増
PB046536.jpg


【12:40】普賢岳に到着。山頂には人がたくさん
PB046540.jpg


山頂で記念撮影
晴れていれば、ガスの向こうに平成新山のとんがりが見えるはずです。
PB046548_2013110521244505e.jpg


山頂付近にいい感じの岩があったので、ボルダリング好きの3人で『雲仙山頂ボルダリング』
3人とも登りきりました(簡単な岩だったので…)
PB046550_201311052124466e0.jpg  DSC_2198_2013110521244490f.jpg


普賢岳山頂からの眺めはなかなかのものです。
紅葉の時期じゃなくても登る価値あり!です
PB046552.jpg

PB046553.jpg


【13:05】普賢岳から下山開始。
しばらくは急な下りが続きますが、30分程下って紅葉茶屋までくると、あとはなだらかな下り坂。
道幅も広くて気持ちよく歩けます。
PB046562.jpg

PB046565.jpg


【14:25】仁田峠に到着。ロープウェイ乗り場付近は、観光客がたくさんいました。
道路は、駐車場待ちの長い渋滞の列が・・・
係員さんの言うとおり、登山者は1つ下の池ノ原駐車場に止めないといけないですね。
PB046567.jpg


【15:05】池ノ原駐車場に到着。一緒に登った皆さんお疲れさまでした
PB046570.jpg


帰りは、近くの温泉街にある『雲仙よか湯』へ。ちょっと怪しげな雰囲気です。
温泉はというと、薄い緑色で少し硫黄臭がする泉質で、温度がそんなに高くないのでゆっくりと浸かることができました
昔ながらの温泉といった感じです。
料金は400円。シャンプーとリンスは置いていないので持参しましょう。
PB046571.jpg


初めての雲仙登山でしたが、熊本から思ったよりも近かったです。
フェリーを利用するので、ちょっとした旅行気分も
登山もそんなにきつくないので、家族連れやカップルでの登山に良さそうです

| 雲仙普賢岳 | 19:43 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。