もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開聞岳(2012/2/25)

【開聞岳(924m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★☆   (3.5)
危 険 度:★★☆     (2.5)
◆行程:<登山口(9:10)~山頂(11:20)(13:00)~登山口(14:40)>
◆所要時間:約5時間30分(休憩・食事込み)

鹿児島遠征2日目です。1日目は「刀剣山」(←リンク)に登りました。
2日目は開聞岳。心配していた天気はというと・・・
太陽が出ています水鳥も気持ちよさそうに泳いでいます
IMG_1727.jpg


今日の登山のメンバーは昨年夏に槍ヶ岳山荘で出合った方々。(槍ヶ岳登山の記事はこちら
鹿児島に住んでいるSさん(女性)、Yさん(男性)に加えて私と後輩Kくん。槍ヶ岳で連絡先を交換し、今回鹿児島遠征をするということで連絡をして一緒に登ることになりました。
お二人とも山以外にも沢登りやクライミングまでこなす大ベテランです

約半年ぶりに集まった山仲間で登山口を出発
IMG_1763.jpg


登り始めはうっそうと茂った森の中を進みます。
澄んだ空気の中、気持ちいい山歩き。
IMG_1729.jpg


木漏れ日が射して葉っぱがきれいに輝いています。
IMG_1730.jpg


登り始めて約2時間で標高924m開聞岳山頂に到着
IMG_1741.jpg


雲がすごいスピードで抜けていっています。ダイナミックな雲の流れ
IMG_1743.jpg


しばらくすると雲がなくなって、眼下に池田湖が見えました。
IMG_1748.jpg

少し霞んでいますが海岸線がきれいです。
IMG_1736.jpg


素晴らしい風景にSさん、Kくんも大満足
IMG_1752.jpg


しばらく山頂で休憩したあと、大ベテランYさんが秘密の場所に案内してくれました。
山頂から木々の中を10分程進むと突然視界が開けます。
晴れた日には東シナ海と遠く屋久島まで一望できるそうです
IMG_1758.jpg


下山してから、またまたYさんに案内していただいて、駅から開聞岳が見える、JR日本最南端の駅「西大山駅」に行きました。
まっすぐ伸びた線路と雄大な開聞岳がマッチしていて、素晴らしい景色です
IMG_1768.jpg


最後に山頂でのみんなの集合写真
半年前に槍ヶ岳で偶然知り合った方と、またこうして一緒に登山できるなんて
人との出会いの素晴らしさを感じました
IMG_1760(加工3)
<上段:Sさん(左)、Yさん(右) 下段:後輩Kくん(左)、私(右)>

スポンサーサイト

| 開聞岳 | 21:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刀剣山(2012/2/24)

【刀剣山(685m)】
おすすめ度:★★★☆ (3.5) 
体 力 度:★★★    (3)
危 険 度:★★★    (3)
◆行程:<猿ヶ城キャンプ場(7:55)~刀剣山1峰(9:15)(9:35)~刀剣山3峰展望台(10:00)(10:30)~巨岩の丘(11:05)(11:15)~猿ヶ城キャンプ場(11:40)>
◆所要時間:約4時間(休憩・食事込み)

2日間休みが取れたので、1泊2日で鹿児島遠征に行って来ました。
1日目:熊本発~刀剣山(鹿児島県垂水市)~垂水港~フェリー~鴨池港(鹿児島市)~知覧特攻平和会館~くりや旅館(指宿市)
2日目:開聞岳~熊本着


まず、1日目の刀剣山。
国土地理院の地図には名前が載っていませんが、登山道を整備されていて、なかなかいい山だそうです。

登山口の猿ヶ城キャンプ場へは、国道220号を下って行き、鹿児島県垂水市役所を過ぎてから左折して山に向かって進んでいくとあります。
「森の駅たるみず」(←リンク)の看板を目印に進んでいくと分かりやすいです。森の駅を過ぎて少し行くと猿ヶ城キャンプ場です。
IMG_1707.jpg
<キャンプ場駐車場>


駐車場から、上の写真の道に沿って下って行くとつり橋があります。
IMG_1655.jpg
<つり橋を渡って登山開始!>


しばらく川沿いに進んで、人工林の急坂を登って行きます。
登山道は土のうが積んであって、登りやすくなっています。
IMG_1656.jpg


人工林を抜けると、自然林帯になり途中には沢沿いの道もあります。
IMG_1658.jpg


中間あたりまで進むと、5m×2=10mのはしごがありますが、見た目ほど怖くはなかったです。あせらずゆっくり登れば大丈夫。
IMG_1659.jpg


それからもロープが張ってある場所が何か所かありましたが、特にロープは必要ない感じでした。
雨で滑りやすいときに使用するのかもしれません。
IMG_1662.jpg


稜線に出ると分岐があります。まずは1峰を目指して進みます。
IMG_1664.jpg

10分程行くと、刀剣山2峰に着きました。木々に囲まれていて展望はありません
IMG_1675.jpg


写真だけ撮って、2峰のすぐそばの分岐から刀剣山の一番の見どころ「1峰」を目指して進みます。
1峰への登山道にはロープ場がたくさんあり、慣れていない人は苦労するかもしれません。
でも、アドベンチャー気分で楽しいです
IMG_1665.jpg


そして、登山口から1時間20分で標高685mの刀剣山1峰に到着。
大崩山を思わせる岩峰です
貸切だったので、寝転がってしばし休憩
IMG_1666.jpg


白くもやっていて今ひとつの眺めでした。
晴れていれば垂水市内や桜島が見えて最高の眺めのはず。ざんねんです。
IMG_1674.jpg
<1峰から3峰展望台を望む>


次に3峰展望台に行きます。分岐まで引き返し、1峰から約30分で着きました。
IMG_1684.jpg
<3峰展望台>


少し天候が良くなって、錦江湾がうっすらと見えてきました
IMG_1686.jpg


1峰の岩峰も迫力があります。
IMG_1691.jpg


30分ほど3峰で晴れるのを待ちましたが、良くなる兆しがなかったので諦めて下山しました。
帰りは少し寄り道をして「巨岩の丘」に立ち寄ります。

「巨岩の丘」というぐらいだから、岩峰が並び立っている丘かな?っと思っていたら・・・
なんと「巨岩が見える丘」でした
IMG_1703.jpg


巨岩の丘からは刀剣山の1峰や3峰が見えました。
IMG_1699.jpg

そして、無事登山口まで帰ってきました。けっきょく誰とも会いませんでしたが、登山道がしっかり整備されていて安心できる山でした



下山後は次の目的地に向けて垂水港から鴨池港へフェリーで移動です。
35分ほどで鴨池港に着きます。
IMG_1715.jpg


フェリーから見る桜島も霞んでいてよく見えないです・・。
IMG_1718.jpg


次は知覧町の「特攻平和会館」へ。
特攻隊員の方々の手紙を読むと自分のこれまでの生き方について考えさせられます。
前向きに今を精いっぱい生きるための活力をもらいました。
IMG_1721.jpg


そして、今夜の宿泊先「くりや旅館」(←リンク)へ。
昼に熊本から出てきて鹿児島市内を観光していた、後輩のKくんと合流して宿泊。
素泊まり1名1室で、一番高い部屋で3500円。テレビ、エアコンは有料で120分100円です。
IMG_1723.jpg


旅館での夕食は、食堂をやっているだけあっておいしかったです。
ビールと名物カツオのたたきを食べて旅を満喫。登山のあとのビールはうまい
IMG_1726.jpg

明日は開聞岳登山ですが、天候が微妙な感じ。。
どうなるかは、明日起きてからのお楽しみ( or ??)

2日目「開聞岳登山」(←クリック)

| 刀剣山 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

由布岳<正面登山口>(2012/2/20)

【由布岳(1584m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★    (3)
危 険 度:★★★★    (4)
◆行程:<正面登山口(6:40)~合野越(7:20)~由布岳東峰(8:30)(8:45)~由布岳山頂<西峰>(9:15)(9:25)~登山正面登山口(10:50)>
◆所要時間:約4時間(休憩・食事込み)

昨日、おとといと今年最後?の寒波が訪れたので、今年度の雪の見納めに「由布岳」に行って来ました。
九州内のいろいろな山に登っていますが、由布岳はまだ未踏の山です。

朝3時半に熊本県の自宅を出発して、やまなみハイウェイ経由で向かいました。
途中、長者原で車を停めて空を見てみると、今まで見たことがないような満天の星空
流れ星をいくつも見ることができました。(私のカメラでは星空はうまく撮れませんでした


夜明けとともに由布岳正面登山口から出発!
朝日を浴びて由布岳が色づいています。
IMG_1573.jpg


草原を抜けると、落葉樹の森に入ります。
後ろを振り返ると太陽が森をオレンジ色に照らしています。
IMG_1575.jpg


40分で合野越に到着し、ベンチで朝食のパンを食べながら一休憩。
だんだん雪が深くなってきたので、アイゼンを装着します。
IMG_1579.jpg


合野越からはジグザグに登っていきます。
中腹あたりまで来ると森を抜けて視界が開けます。
IMG_1582.jpg
<由布市内と九重連山>


風も弱くて、雲ひとつない晴天。
最高の登山日和です。
IMG_1586.jpg


標高が上がるにつれて、真冬のような風景になってきました。
IMG_1588.jpg


途中、急な坂に苦しみながら由布岳東峰と西峰の分岐の「マタエ」に着きました。
まずは東峰から登ります。
IMG_1594.jpg


ちょっとした岩場を登って行くと、山頂標柱が見えてきました。
東峰は鎖場がないので、初心者でも登りやすいと思います
IMG_1597.jpg


そして、登り始めて約2時間で標高1584m由布岳東峰に到着!
IMG_1598.jpg


眼下には由布市内と九重連山がくっきりと見えていました
空気が透き通っています。
IMG_1600.jpg


遠くには祖母山・傾山・大崩山も見えています。
IMG_1601.jpg


東峰を降りて、次に西峰に向かいます。
西峰はかなり岩がごつごつしてるみたいです。
IMG_1619.jpg
<「マタエ」から西峰を望む>


西峰を登り始めるといきなりの鎖場です。
なかなかの急斜面で、片手を鎖に、もう片手で岩を掴んで登っていきます。
IMG_1621.jpg


その後も鎖場が続いています。
アイゼンをはめているのでひっかけないように気をつけて登ります。
IMG_1623.jpg


そして、今日一番の難所。
岩が垂直に切れ落ちているところをトラバース(横切る)します。
IMG_1628.jpg


足を置く場所がほとんどないうえに、雪が積もって滑りやすく緊張します
集中して、なんとか渡りきりました。岩場に慣れていない人は要注意です
IMG_1629.jpg
<写真では分かりにくいですが、足を置いているところ以外は切れ落ちています>

難所を越えると、楽しい稜線歩き
雪の道が空に続いています
IMG_1633.jpg

IMG_1637.jpg


そして、由布岳(西峰)山頂に到着!
西峰の山頂は平らな広場になっていました。
しばらくの間、雪と青空を眺めてぼーっとして最高の時間を過ごしました
他に登山者はいなくてとても静かです。
IMG_1638.jpg


お鉢巡りをしようかと思いましたが、雪で初めての道を単独で行くのはちょっと不安なので今回はパスします。
IMG_1640.jpg


西峰は日が当たりにくいためか、たくさんの雪が積もっています。
枝に雪が積もって棒アイスができていました
IMG_1644.jpg


頂上を十分に満喫して下山しました。
由布岳は九重連山や別府湾が見えて、山と海を両方楽しめて、さらに鎖場でスリルを味わって最高の山でした。
下山途中に登山者と会うたびに「早いですね」と言われましたが、
「山は早朝に登る」が、山の良さを芯から味わうことができるのでおすすめです
澄んだ空気と登山者がいない静かな空間・・・一度、早朝登山をするとハマると思います
IMG_1650.jpg


| 由布岳 | 17:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。