もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大船山<長者原~大船山>(2012/1/29)

【大船山(1786m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★★  (4)
危 険 度:★★★    (3)
◆行程:<長者原(8:10)~坊ガツル(10:00)~大船山・御池(11:20)(12:00)~坊ガツル(13:00)(13:40)~長者原(15:00)>
◆所要時間:約7時間(休憩・食事込み)

職場の先輩2人と九重・大船山に行って来ました。
朝8時に長者原を出発。天気予報は「晴れ」
これからが楽しみです!
IMG_1483.jpg
<早朝のタデ原湿原>

登山道には思っていたよりも雪が積もっていました。
アイゼンをはめて、雪道を楽しみます。
牧ノ戸登山口に比べて長者原は人が少なくて、静かに自然を満喫できます。おすすめです。
IMG_1488.jpg

出発して、2時間弱で坊ガツルに出ました。
空は雲ひとつない青空です。
IMG_1495.jpg

IMG_1502.jpg

IMG_1498.jpg
<今から登る「大船山」(中央の山)が見えます>


大船山の登山道に入ると、さらに雪が深くなりました。
きつい登りが続き、雪を楽しむ余裕がありません。
IMG_1504.jpg


少しずつ登って行くと、大船山の頂上が近付いてきました。
雪をまとった姿がかっこいいです。
IMG_1507.jpg


山頂直下まで来ると、たくさんの霧氷がありました。
青空とマッチしていてきれいです。
IMG_1511.jpg

IMG_1512.jpg

IMG_1514.jpg
<頂上まであと少し!>


そして、坊ガツルから1時間20分ほどで、大船山の頂上(1796m)に到着しました。
三俣山、中岳、星生山などの九重連山、阿蘇山、根子岳、祖母・傾山系、由布岳などが一望できます。
大船山は九重連山の中で一番好きな山です
IMG_1522.jpg

IMG_1539.jpg

IMG_1541.jpg


冬に大船山に登ると、頂上からの眺め以外にもうひとつご褒美があります。
それは、凍結した御池を見られることです。頂上直下にあります。
IMG_1526.jpg


御池まで降りてみると、完全に凍結していました。
氷の上を滑ってみる人、湖畔でのんびり昼食を取る人、みんな御池を楽しんでいました。
IMG_1535.jpg

IMG_1537.jpg
<先輩は雪のベットでお昼寝中>


そして、もと来た道を引き返して下山しました。
雪と晴天に恵まれて、一生の思い出になる最高の1日でした
IMG_1543.jpg
<帰る頃には坊ガツルから大船山がきれいに見えていました>
スポンサーサイト

| 大船山 | 10:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝袋 「モンベル U.L.スーパースパイラルダウンハガー」

スリーピングバッグ(寝袋)の紹介です。
写真・図はモンベルホームページから拝借しました。

モンベルの「U.L.スーパースパイラルダウンハガー(♯3)」
長い名前の寝袋です
UL寝袋
昨年の夏にテント泊用に買いました。
モンベルのスリーピングバッグにはいろいろな商品があり、買う時に迷ってしまいます。
選んだ基準がいくつかありました。

ダウンか化学繊維か?
ダウンと化学繊維を比べると、ダウンの方が小さく軽い分値段が高いです。
一方、化学繊維は湿度に強く、メンテナンスが簡単ですが、ダウンに比べると重く、大きくなります。
登山での使用を考えているので、小さく、軽い「ダウン」を選びました。


②スリーピングバッグの「厚み」
 厚みは「#」で表わされます。
寝袋厚み比較

厚みが増すほど、「#」の番号が小さくなります。
0℃まで快適に眠れて、一年を通して幅広く使える「#3」にしました。


③「U.L.」か「ノーマル」か?
U.L.」とは、「Ultra Light」のことです。
U.L.のほうが高品質のダウンを使用していて、少ない量で保温力が大きいです。その分、普通のダウンに比べて値段が高いです。
結局、「あんまり買い替えないからいいものを♪」ということで「U.L.」にしました。


④「スーパースパイラルストレッチ」か「スパイラルストレッチ」か?
モンベルのスリーピングバッグには、「スーパースパイラルストレッチ」と「スパイラルストレッチ」があります。
この二つ何が違うかというと、普通のスパイラルストレッチは生地が横方向に伸びるようにできています。
しかし、「スーパー・・・」となると、横方向に加え、斜め方向にも伸びるようにできています。
そのおかげで窮屈感が少なく、寝心地が良いらしいです。その分値段もお高くなります。
ここでも「あんまり買い替えないからいいものを♪」ということで「スーパースパイラルストレッチ」にしました。


結局は、一番値段が高い、「U.L.」で「スーパースパイラル」で「ダウン」の
「U.L.スーパースパイラルダウンハガー(♯3)」にしました。
IMG_1547.jpg

IMG_1548.jpg
<自宅保管用の大きめのバッグが付属しています>

テント泊や、車中泊、とても寒い時は、たまに家でも寝袋に入って布団をかけて寝ています。
家で使うと、テント泊に行ったような気分になって少しワクワクします
高い買い物だったので元を取るようにどんどん使っていきたいと思います。




| テント・寝袋 | 15:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大金峰・小金峰(2012/1/23)

【大金峰(1396m)】【小金峰(1377m)】
おすすめ度:★★☆  (2.5) 
体 力 度:★★★   (3)
危 険 度:★★    (2)
◆行程:<大金峰登山口(9:30)~大金峰(10:30)~小金峰(11:40)(12:10)~大金峰登山口(13:45)>
◆所要時間:4時間15分(休憩・食事込み)

熊本県八代市泉町(旧泉村)にある「大金峰」・「小金峰」に行って来ました。
あまり有名じゃないですが、九州百名山にも選ばれているようです。

アクセスは、二本杉峠から500mほど五家荘方面に進み、右折し、しばらく進むと登山口駐車場があります。
駐車場に着いてみると、一番乗りのようです。・・・というよりもここ2,3日は誰も登っていなさそうでした。
IMG_1445.jpg


登山道沿いは自然林が少なくて、ほとんどが植林です。
途中、植林がきれいに整備されている場所に出ました。
こんな山奥まで入って、一生懸命手入れをしている方々はすごいです。頭が上がりません。
IMG_1449.jpg
<見事に整備された山林


思ったほど霧氷はなかったですが、それでもうっすらと白く染まった木々に太陽の光が当たるときれいです
IMG_1452.jpg

IMG_1457.jpg


登り始めて1時間で、標高1396mの大金峰頂上に着きました。
頂上は木々に囲まれていて、周りの山々は全く見えません。
IMG_1461.jpg


標柱にかけてある温度計はマイナス5℃でした
IMG_1462.jpg


大金峰から小金峰までは、稜線沿いを進みます。
ちょっとしたアップダウンを繰り返しながら行くと、大金峰から1時間10分かけて、小金峰頂上に着きました。
IMG_1463.jpg


こちらのほうは、大金峰と違って視界が開けていますが、厚い雲がかかっていました。
晴れていれば、九州脊梁山地の山々を一望できるはずだったのですが・・・。次に登るときの楽しみにとっておきます。
IMG_1468.jpg

IMG_1471.jpg

IMG_1472.jpg
<木の向こう側に熊本県最高峰の「国見岳」が見えるはずですが・・>


下山は小金峰から登山口まで1時間半ぐらいでした。
結局、誰とも会わず、山の静かさを感じる登山でした。
IMG_1477.jpg

IMG_1453.jpg

| 大金峰・小金峰 | 16:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宝満山・難所ヶ滝(2012/1/9)

【宝満山(830m)】【難所ヶ滝】
おすすめ度:★★★★  (4) 
体 力 度:★★★☆  (3.5)
危 険 度:★★    (2)
宝満山(加工)<クリックで拡大>
◆行程:<昭和の森登山口(9:30)~難所ヶ滝(10:55)(11:15)~宝満山(12:30)(13:20)~難所ヶ滝~昭和の森登山口(15:35)>
◆所要時間:6時間5分(休憩・食事込み)

新年の初登りに福岡県の「難所ヶ滝」・「宝満山」に行って来ました。

昭和の森登山口を出発。今回は4人パーティでの登山です。
始めは整備された林道歩きです。雪は全くありません。
IMG_1401.jpg
<駐車場から登山口までの林道>


1時間ほど歩いて、難所ヶ滝に近づいてくると、雪がちらほら残っていました。
この冬初めての雪にテンションが上がります
IMG_1403.jpg
<難所ヶ滝手前の登山道>

そして、1時間20分ほどで「難所ヶ滝」に到着!
しばらく暖かい日が続いていたので、滝の全面を埋め尽くすほど凍ってはいませんでしたが、
初めて見る大つららに圧倒されます。
IMG_1406.jpg<難所ヶ滝>

IMG_1404.jpg

IMG_1443.jpg


大つららを見て、テンションが上がった男2人は手ごろな氷塊を見つけて記念撮影
IMG_1410.jpg

IMG_1409.jpg
<意外と重い・・。>


せっかく登ってきたので、そのまま宝満山まで行くことにしました。
難所ヶ滝からしばらく急坂を登って行きます。
三郡山・宝満山の縦走路まで出ると登山道の脇には雪が薄く積もっていました。
ところどころ凍っている場所もありアイゼン必携です(この日はアイゼンを履くほどではなかったですが・・)。
IMG_1417.jpg
<三郡山・宝満山縦走路>

そして、標高830mの宝満山山頂に到着しました
IMG_1426.jpg
<山頂には多くの人がいました>


いつもは単独で登っていて自分の写真がないので、写真を撮ってもらいました
IMG_1428.jpg


一緒によく登っているAさんとのツーショット。
「山はサイコーだー!!」
IMG_1431.jpg

帰りにも難所ヶ滝に立ち寄って帰りました。

難所ヶ滝に行こうと思っている人は、雪が降ったり、気温が下がったりして、氷が広がるまで、もう少し待ったほうがいいと思います。
行くときはアイゼンを忘れずに!

| 宝満山 | 00:05 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンベル 福袋 2012

新年明けましておめでとうございます。

今年(2012年)の運試しにモンベルの「ファクトリーアウトレット福袋」を購入しました。
廃番になったり色やデザインが変更になった商品の福袋です。
IMG_1389.jpg


モンベルの会員向けに11月末ごろメールがあり、申し込んで抽選で当選した方には、1万円の福袋を自宅に届けてくれるとのこと。(もちろんただではありません

さて、中身はというと・・・・こんな感じです。
IMG_1391.jpg

果たして1万円の価値はあるのでしょうか
ひとつずつ見ていくと、

「クリアボトル 0.75L」(色:リーフグリーン) 定価1,040円
IMG_1392.jpg
普通のボトルです。色違いの0.5Lを持っているので微妙な感じですが、まあ良しとしましょう。


「シャミースマフラー」(色:ブラック) 定価1,100円
IMG_1393.jpg
フリース製のマフラーです。ちょうどマフラーが欲しいと思っていたので当たりでした。
色もブラックで使いやすいです


「WIC.ライトロングスリーブTシャツ」(色:ホワイト) 定価2,700円
IMG_1394.jpg
真っ白な長袖Tシャツです。胸にmont-bellのロゴがあるだけであまりにもシンプルすぎる・・・。
モンベルの速乾素材ウィックロンを使用してあるようです。これはハズレかな。


「オーガニックコットンTシャツ」(色:ナイル) 定価2,800円
IMG_1395.jpg
綿100%のTシャツです。写真では明るい水色に見えますが、実際は抑えめな青色です。
お店に売ってあっても買わない色ですが、許せる範囲内です。


そして、今回の目玉商品「U.L.サーマラップパーカー」 定価14,800円
IMG_1397.jpg
化繊入りの超軽量パーカーアウターで、表面は撥水加工がしてあって雪山に最適です。
じつは、この商品が入っていたらいいなと思っていたので、大当たりです
色はゴールドっぽい感じで、本当はグリーンなどの明るい色が良かったですが、ぜいたくは言いません。

IMG_1398.jpg
付属のスタッフバックに収納するとトイレットペーパー2個分ぐらいのサイズになります。


今回の福袋の中身の合計は・・22,480円
福袋が1万円なので、12,480円お得だったことになります。

入っててうれしかった商品はマフラーとパーカーだけですが、それでも合計15,900円なのでお得だったと思います。
他の人のブログを見ていると、過去にはレインポンチョがメインの人もいたみたいなので良かったです。
今年は運勢は「中吉」。まあまあのスタートが切れました




| アクセサリ | 12:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。