もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バネインソール

インソールの紹介です。

登山を始めた当初、下りで毎回膝が痛くなり辛い思いをしていました。
そこで購入したのが、「バネインソール ベーシック」。
DSCF5443.jpg

バネインソールシリーズにはいろいろな種類がありますが、
店員から「ベーシック」を勧められて購入しました。

メーカーホームページを見ると、「バネインソールの最大の目的は人間が本来持つバランスを生み出すこと」
となっています。

たしかに、土踏まずからかかとにかけて、プラスチックで補強してあり、足裏をサポートしてくれて体のバランスが良くなったような気がします。
膝のほうも使い始めてから、痛くなることが少なくなったような気が・・・。

個人的には、膝が痛い人はインソールを買う前に、ストックを買うことをお勧めします。
それでも、膝が良くならない人はバネインソールを試してみるといいかなと思います。
スポンサーサイト

| アクセサリ | 21:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パタゴニア「R2ジャケット」

フリースの紹介です。

昨年、冬山に登っていて装備不足でとても寒く、身の危険を感じたので、今年は奮発して買いました。
パタゴニアのフリース「R2ジャケット」。色はGecko Greenです。
IMG_0716.jpg  IMG_0717.jpg

定価はなんと21,000円。さすがパタゴニアです。
円高の影響か、yahooオークションで海外輸入品が安くなっていて、14,000円ぐらいで買いました。
日本で売ってあるものとの違いは、ジッパーが普通と逆になっていることぐらいです。
身長180cmの私でMサイズがちょうど良いです。
日本サイズの感覚で選んでしまうと大きすぎると思います。

パタゴニアのフリースにはR1~R4までありますが(数字が大きくなるほど分厚い)、
R2が程良い薄さと暖かさで、アウターやインナーに一番使い勝手がいいと思います。

IMG_1142.jpg
畳むとトイレットペーパー2つ分ぐらいの大きさになります。
ザックへの収納も、それほど邪魔にならない大きさです。

まだ数回しか山に着て行っていませんが、お気に入りのフリースです。

| ウェア | 17:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三角岳(2011/11/14)

【三角岳(406m)】
<宇城市三角支所~天翔台分岐~雲竜台~山頂~雲竜台~天翔台分岐~宇城市三角支所>
おすすめ度:★★★  (3) 
体 力 度:★★   (2)
危 険 度:★    (1)

◆行程:<宇城市三角支所(9:30)~天翔台分岐(9:55)~雲竜台(10:10)~山頂(10:40)(11:00)~雲竜台~天翔台分岐~宇城市三角支所(11:45)>
◆所要時間:2時間15分
※登山口までの道順はブログの最後に書いています

三角岳は今年の夏にも登ろうとしましたが、蚊の大群の攻撃に合い、20分ぐらいで撤退しました。
もう寒くなったので、大丈夫だろうということで、夏のリベンジに行って来ました。

車を三角支所に停めて、登山口を出発。
IMG_1107.jpg


登山道は九州自然歩道になっていてスニーカーでも登れるくらい整備されています。
(ただ、雨の後は滑りやすいかもしれません
IMG_1108.jpg


登り始めて15分ぐらいで展望台に着きます。三角の町が眼下に広がります。
IMG_1138.jpg


そこからさらに10分ほど進むと、天翔台との分岐に出ます。
天翔台までは、ここから15分ほどかかります。昔登ったときに行ったことがあるので、今回はパスします。
名前の割にはたいしたことがなかったような・・・。初めて三角岳に登る人は、帰りに体力に余裕があれば寄ってみるといいと思います。
IMG_1110.jpg


しばらく、なだらかな道を進んでいくと・・・
IMG_1111.jpg


途中から登山道が岩場に変わります。といっても、たいしたことはないので、安心して登ることができます。
IMG_1115.jpg


登山口から約40分で「雲竜台」に到着します。
この場所が、三角岳で一番の絶景スポットです。休憩やお昼ご飯はぜひこの場所で
IMG_1120.jpg
<雲竜台>


あいにく、もやがかかっていて視界が悪いですが、晴れている日は青い空と海と、そこを行き交う船を見ることができます
いつまでものんびりしていたい場所です。
IMG_1133.jpg
<雲竜台からの眺め>


雲竜台から見えるピークが「三角岳」と思うかもしれませんが、本物の山頂はこのピークの裏に隠れています。
IMG_1121.jpg
<雲竜台から見た山頂?>


途中、「クリハラリス(タイワンリス)」を捕まえるための罠がしかけてありました。
最近、宇土半島で増えているみたいです。捕まえるための餌は栗でした。
IMG_1125.jpg


インターネットで探して、画像を拝借しました(実際に撮影したわけではありません)。
見た目はかわいいですが、特定外来生物に指定されています。
みかんやぶどうを食べたり、電話線を噛みちぎったりと、なかなかの悪者です
タイワンリス


そして、登り始めて1時間10分で標高406mの三角岳山頂に到着しました。
山頂は少し広場になっていてベンチもあって、ゆっくり休むことができます。
普段は山頂も眺めがいいはずですが、今回はもやのせいでダメでした。
IMG_1126.jpg

そして、帰りはもと来た道戻って45分で下山しました。
三角岳は登りやすい登山道で、途中、眺めがいい場所があり、体力的にも初心者におすすめの山です


~おまけ<登山口までの道順>~

(1)不知火支所に車を止め、道路沿いに山の方向に歩く
IMG_1102.jpg

(2)道が右に曲がっているので、右に曲がり道なりに進む
IMG_1103.jpg

(3)「三角岳」「天翔台」と書かれた看板から小道に入る
IMG_1104.jpg

(4)廃屋の脇を通って登山口へ
IMG_1106.jpg

| 三角岳 | 15:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

根子岳<大戸尾根コース>(2011/11/1)

【根子岳東峰(1408m)】
<大戸尾根駐車場~根子岳東峰~大戸尾根駐車場>
おすすめ度:★★★★☆  (4.5) 
体 力 度:★★☆     (2.5)
危 険 度:★★★☆    (3.5)

11月で登山を始めて一周年になります。
思い起こせば、1年前。
根子岳に登って、紅葉のきれいさと天狗峰の壮大さ、そして頂上に立ったときの達成感に魅了され、どっぷり登山に浸かってしまいました。

1年前に感動した光景をもう一度見に、根子岳に行って来ました。
大戸尾根の駐車場から出発して、舗装路を歩いていると、牛が出迎えてくれました
IMG_1085.jpg
<何頭もいて少し怖いですが、おとなしいので大丈夫です


登山道は荒れていて、黒土がつるつる滑ります。
下りの時には特に注意が必要です。ストックがあると少しは安心です。
登山道を荒らすのは登山者で、荒れて困るのも登山者。何かいい解決策はないのでしょうか。
IMG_1100.jpg


中腹まで登ってくると、周りがガスってきました。
せっかくの紅葉も全く見えません
IMG_1089.jpg


頂上に近づいて来ると、ますますガスが濃くなってきました。
一年前は、振り返ると祖母山が見えて最高の景色だったのに・・・。
IMG_1092.jpg


そして、1時間10分で標高1408mの根子岳東峰に着きました
標柱の後ろのほうには天狗峰がそびえているはずですが・・全く見えません。
IMG_1094.jpg
<根子岳東峰>


頂上でガスが抜けるのを待つことにしました。
今日は、いつものカップラーメンではなく、どん兵衛に挑戦
なかなかイケます山ご飯のレパートリーが増えました
IMG_1097.jpg
<どん兵衛肉うどん>

2時間半ほど山頂で粘ってみましたが、晴れる気配がありません。
この1年間を振り返ると、頑張って登った大崩山でガスに泣かされ、北アルプスに遠征して登った槍ヶ岳でもずっとガスの中でした

この1年を象徴するようなガスの中での登山で、1周年を終えるのもいいかなと思って、下山することにしました
自然相手では仕方ないと思えるようになったのが、1年間の成長かもしれません


◆行程:<<大戸尾根駐車場(7:00)~根子岳東峰(8:15)(10:45)~大戸尾根駐車場(11:40)>
◆所要時間:2時間10分(歩行時間)

| 根子岳 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。