もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八方ヶ岳<矢谷渓谷ルート>(2011/5/7)

【八方ヶ岳(1052m)】
<矢谷渓谷登山口~八方ヶ岳~矢谷渓谷登山口>
おすすめ度:★★★★ (4)
体 力 度:★★   (2)
危 険 度:★    (1)

熊本県山鹿市菊鹿町の八方ヶ岳に登ってきました。
今まで読み方を「はっぽうがたけ」と思っていましたが、「やほうがたけ」と読むそうです。知らなかった~。

今回は相棒のAさんと久しぶりの登山です。矢谷渓谷キャンプ場に車を置いて、管理事務所で100円を払って登山開始。
DSCF5519.jpg<Aさんと出発!>


登山開始からしばらくは、渓流沿いをゆるやかに登っていきます。暑い夏もすずしくていいだろうな。
DSCF5528.jpg

1時間ほど登ると、穴川分岐に到着。ここで5分ほど休憩。木の幹でベンチが作ってあり、休むのにちょうどいいです。
DSCF5520.jpg

今回の登山は楽勝!っと思っていたら、ここからは渓流から離れて、傾斜がきつめな登山道を登っていきます。
でも、登山道は新緑が眩しいくらいきれいで、きついながらも楽しく登ることができます。
昨年の11月に登山を始めて、春登山は初めてだけど、紅葉に負けず劣らず新緑もすばらしいと感動
DSCF5521.jpg
DSCF5522.jpg

穴川分岐から45分で山頂に到着。山頂は登山道と違って視界が360度開けていました。あいにくの曇り空だったけど視程は良く、熊本市内の金峰山、阿蘇山、うっすらと雲仙まで見えました。
DSCF5527.jpg
DSCF5525.jpg

いつもどおり、山頂でおにぎり&カップヌードルで昼食。周りの景色を見てごろごろしながら「やっぱり山はいいな~」。「もっと若い人も山に登ったらいいのに」と思いました。

帰りは、休憩をとらずに一気にキャンプ場まで下山。ラドン温泉の山鹿市の「ならのさこ温泉」に入って帰りました。入湯料が650円と高いっと思ったけど、施設はきれいに整備されていて、温泉もぬるめで登山帰りの体をゆっくり休めるには、なかなか良い温泉でした。でも650円は高いかな。
DSCF5534.jpg

家に帰って、ビール&餃子で晩酌
登山の楽しみは、山50%、温泉&ビール50%だな~と思う今日でした。


◆標高差:752m 山頂(1052m)-矢谷渓谷キャンプ場(300m)
◆行程:<行き>矢谷渓谷キャンプ場(10:00)~穴川分岐(11:00)~山頂(11:45) ※1時間45分(休憩5分)
   <帰り>山頂(12:40)~矢谷渓谷キャンプ場(14:00)  ※1時間20分(休憩なし)

スポンサーサイト

| 八方ヶ岳 | 21:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市房山(2011/5/2)

【市房山(1721m)】
<キャンプ場登山口~市房山~キャンプ場登山口>
おすすめ度:★★★★☆ (4.5)
体 力 度:★★★★   (4)
危 険 度:★★☆   (2.5)

熊本県で標高第二位の市房山に登ってきました。(一位は1739mの国見岳)
林道が市房神社近くまであるみたいですが、今回は1合目から登ってみました。
市房キャンプ場に車を止め、徒歩5分程度で1合目登山口に到着。登山届を出し、出発!!

ネット情報で、市房山は1合目から登ったほうがいい!っとのことだったが、まさにその通り
1合目~市房神社までの道のりには、樹齢1000年ちかくの「市房杉」があり、苔むした岩があり、まるで屋久島のような雰囲気(屋久島には行ったことないけど・・)。
写真のような「市房杉」が約50本ぐらいありました。しかも、1本あたりの値段は何千万円もするそう
DSCF5405.jpg
DSCF5407.jpg DSCF5406.jpg
熊本でこんな風景に出合えるなんて、大感動です
写真じゃこの感動が伝わらないかな~。ぜひ実物を見て欲しいです。
登山初心者の人も市房神社まで往復で1時間半~2時間ぐらいなので、おすすめです。
市房神社までは楽ちん。しかし、それ以降は山頂まで急な登り続く。
途中で休憩を入れながら、なんとか山頂に到着山頂からの眺めは黄砂で真っ白。春先の登山の宿命かな!?
DSCF5409.jpg DSCF5410.jpg

山頂で、椎葉側から登ってきた方と仲良くなり、30分ぐらい話し込んでいました。
名前も知らない人だけど、九州の山の話や山道具の話で盛り上がりました。
単独で登る楽しみの一つです。

下りは順調・・のはずが、右ひざの爆弾が破裂
つらい下りになってしまいました。サポートタイツを履いているのにダメでした下り方に問題があるのかな??

下る途中、市房神社付近で、市房杉を写真撮っている方と仲良くなりました。
話をしてみると、島原でそうめんを作っているそう。家に帰って、さっそく注文してみました。
手延べそうめん・うどん中邨(なかむら)

単独で登っても、いろいろな人と出会うことができるのも山の魅力だな~
今回も楽しい登山でした。


◆標高差:1161m 山頂(1721m)-キャンプ場(560m)
◆行程:<行き>市房キャンプ場駐車場(7:30)~市房神社(8:20)~山頂(10:15) ※2時間45分(休憩含む)
   <帰り>山頂(11:05)~キャンプ場(13:05)  ※2時間(休憩含む)

| 市房山 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。