もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

根子岳<ヤカタガウドコース>(2012/5/11)

【根子岳東峰(1408m)】【天狗コル】
おすすめ度:★★★☆  (3.5)  
体 力 度:★★★     (3)
危 険 度:★★★★   (4)
(※登山に慣れていない人には、ヤカタガウドコースはおすすめしません
re根子岳地図(ヤカタガウド)<←クリックで拡大>
◆行程:<登山口(7:30)~天狗コル(8:30)(8:45)~根子岳東峰(9:15)(9:40)~(天狗コル)~登山口(11:10)>
◆所要時間:3時間40分(休憩込み)

僕が登山を始めるきっかけになった思い出の山、根子岳に行って来ました
初めての登山で登ったときは紅葉の時期でしたが、今回は新緑と天狗コル~東峰の縦走が目的です。

根子岳の北側、ヤカタガウド登山口から出発
登山届ボックスから約300mのところに登山口があります。
IMG_2074.jpg
<登山口には車5台程度停めれます>


お目当て通り、新緑がきれいです 深い渓谷も神秘的な雰囲気でした
IMG_2129.jpg

IMG_2127.jpg


天狗コルまでの登山道は、ほとんど枯れ沢を歩いていきますが、この道はとにかく歩きにくい
浮石ばかりで、動かない石が少ないぐらいです。
根子岳の天狗コル~東峰の縦走が危険と聞いていましたが、それよりもこの枯れ沢歩きのほうが危険だと感じました
捻挫したり、落石を起こしたりしないように慎重に進んで行きます。
IMG_2077.jpg

進んで行くと、途中から沢を離れて尾根道に入って行きます。
IMG_2078.jpg


登山口から1時間で天狗コルに到着しました
「コル」とは登山用語で、峰と峰の間の低くなった場所のことです。
天狗コルから天狗峰(根子岳山頂)への縦走路は一般登山者は進入禁止です
IMG_2090.jpg


天狗峰への縦走路の写真だけ撮ってみました
写真じゃ分からないですが、稜線の左右はスパッと切れ落ちています
IMG_2092.jpg


天狗峰へはもちろん行かずに、東峰へ縦走します。
奥に見えている高い山が根子岳東峰です
IMG_2093.jpg

縦走路は幅50cmぐらいの登山道でそんなに怖さはないですが、よく見ると登山道脇から切れ落ちているところもあります。
ボーっとして歩いていると、脇の草を踏みぬいて転落事故ってことになりかねないです
IMG_2096.jpg


後ろを振り返ると、天狗峰がそびえたっています
天狗コルは写真手前の岩肌が見えているあたりです。
reIMG_2122.jpg


さらに縦走路を進んでいくと「この先進入禁止」の看板が
良く見ると、まっすぐ進む縦走路は進入禁止で、右に巻く迂回路はしっかり整備されていました。
IMG_2117.jpg

迂回路はロープ場あり、ちょっとした岩場ありで注意しながら進みます。
IMG_2097.jpg

IMG_2102.jpg


しばらく行くと、「蟻の戸渡り」と言われている場所に出ました。
事前のネット情報では「幅1mぐらい登山道が崩壊してなくなっている」とあったので、最大の難所だと思っていましたが、実際にはたしかに崩れていますが深さ1mぐらい陥没している程度でした。
IMG_2115.jpg


天狗コルから30分で根子岳東峰に着きました
IMG_2105.jpg


根子岳東峰から見る天狗峰は、いつ見てもかっこいいさすが熊本のマッターホルン(勝手に命名
右奥には阿蘇山が頭を出しています
IMG_2104.jpg

久しぶりの登山は晴天に恵まれて最高でした
天狗コル~根子岳東峰の縦走路はある程度整備されていたので思っていたよりも安全でしたが、縦走される方は「山は自己責任」を心に刻んで、途中自分には危ないなと思ったら引き返すようにしましょう
スポンサーサイト

| 根子岳 | 22:28 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

根子岳<大戸尾根コース>(2011/11/1)

【根子岳東峰(1408m)】
<大戸尾根駐車場~根子岳東峰~大戸尾根駐車場>
おすすめ度:★★★★☆  (4.5) 
体 力 度:★★☆     (2.5)
危 険 度:★★★☆    (3.5)

11月で登山を始めて一周年になります。
思い起こせば、1年前。
根子岳に登って、紅葉のきれいさと天狗峰の壮大さ、そして頂上に立ったときの達成感に魅了され、どっぷり登山に浸かってしまいました。

1年前に感動した光景をもう一度見に、根子岳に行って来ました。
大戸尾根の駐車場から出発して、舗装路を歩いていると、牛が出迎えてくれました
IMG_1085.jpg
<何頭もいて少し怖いですが、おとなしいので大丈夫です


登山道は荒れていて、黒土がつるつる滑ります。
下りの時には特に注意が必要です。ストックがあると少しは安心です。
登山道を荒らすのは登山者で、荒れて困るのも登山者。何かいい解決策はないのでしょうか。
IMG_1100.jpg


中腹まで登ってくると、周りがガスってきました。
せっかくの紅葉も全く見えません
IMG_1089.jpg


頂上に近づいて来ると、ますますガスが濃くなってきました。
一年前は、振り返ると祖母山が見えて最高の景色だったのに・・・。
IMG_1092.jpg


そして、1時間10分で標高1408mの根子岳東峰に着きました
標柱の後ろのほうには天狗峰がそびえているはずですが・・全く見えません。
IMG_1094.jpg
<根子岳東峰>


頂上でガスが抜けるのを待つことにしました。
今日は、いつものカップラーメンではなく、どん兵衛に挑戦
なかなかイケます山ご飯のレパートリーが増えました
IMG_1097.jpg
<どん兵衛肉うどん>

2時間半ほど山頂で粘ってみましたが、晴れる気配がありません。
この1年間を振り返ると、頑張って登った大崩山でガスに泣かされ、北アルプスに遠征して登った槍ヶ岳でもずっとガスの中でした

この1年を象徴するようなガスの中での登山で、1周年を終えるのもいいかなと思って、下山することにしました
自然相手では仕方ないと思えるようになったのが、1年間の成長かもしれません


◆行程:<<大戸尾根駐車場(7:00)~根子岳東峰(8:15)(10:45)~大戸尾根駐車場(11:40)>
◆所要時間:2時間10分(歩行時間)

| 根子岳 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

根子岳<大戸尾根コース>(2010/11/3)

この山と出会っていなかったら・・・
山にハマるきっかけとなった登山です。
あるとき、職場の同僚と、
「今度の休み暇だね~」
「何か趣味が欲しいよね~」
と話していたところ、近くにいた先輩が、
「じゃあ、山に行かん!?」
その一言で人生が変わりました。

2010年11月3日(祝) 空は雲ひとつない青空
ルートは、大戸尾根登山口~根子岳東峰(往復)
メンバーは職場仲間の5人(うち初心者3人)。もちろん自分も初心者です。
DSCF5017_convert_20110502210214.jpg

スタートから急な登り坂。さらに、ハシゴまであり、正直しんどい。
・・・でも、この爽快感はなんだろう。ふと、周りの景色を見ると、
DSCF5036_convert_20110502211303.jpg

こんなところまで登ってきたんだ。頂上まであと少し!
周りの木々は少しずつ、色づき始めていました。
(写真のピークは根子岳のほんとの頂上。初心者の私にはとても登れません
DSCF5028_convert_20110502211615.jpg

そして、ついに・・・
根子岳東峰(1408m)に到着!! 写真は東峰から根子岳頂上(通称:天狗峰)
IMG_3606_convert_20110502213140.jpg
この景色、高度感、達成感。何とも言えない気持ちが込みあがります。
この日から、私のほぼ週一登山が始まりました。
その後の登山記録も、随時アップしていきます。たぶん。。

| 根子岳 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。