もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013北アルプス遠征準備

梅雨が明けて、夏山シーズンがやってきました
登山を始めてから毎年夏に北アルプスを登っています

一昨年は、雨の中の槍ヶ岳登山(山小屋泊) <2011記事はこちら
IMG_0089.jpg<槍ヶ岳山頂>
IMG_0112.jpg<山頂直下のはしご> 


昨年は、槍ヶ岳~大キレット~北穂高岳縦走(テント泊) <2012記事はこちら
DSCN0496.jpg<大キレット>
IMG_2595.jpg<長谷川ピーク>


そして、今年は職場の先輩Mさんと北穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳を縦走する予定です。
7月24日(水) 熊本発(夜行バス)
  25日(木) 名古屋着→(バス)→上高地→横尾(テント泊)
  26日(金) 横尾→涸沢→北穂高岳→涸沢岳→奥穂高(テント泊)
  27日(土) 奥穂高(鹿児島のSさん合流)→奥穂高岳→ジャンダルム→西穂高岳→西穂高(テント泊)
  28日(日) 西穂高→新穂高温泉→(バス)→新大阪→(新幹線)→熊本

出発日が近づいてきたので、道具の準備をしました。

まずは、食糧。朝夕合わせて5食×2人分です
カップヌードルリフィル、レトルトカレー、アルファ米、山菜おこわ、etc・・・。
お餅はラーメンに入れて食べます。ビーフシチューは、最終日の夕食のお楽しみ
この食糧にMさんが買っている分も少し足し合わせて持っていきます。
P7166353.jpg


続いて行動食&おつまみ
登山中の食事は行動食で済ますので、できるだけ『高カロリーで軽い食べ物』を探しました
普通の人は、低カロリーの物を食べたがるのに、登山者は変わっていますね(笑)
いろいろリサーチしてみると、ピーナッツが『軽量で高カロリー』の代表選手みたいです
ドーナツもなかなか高カロリーです。 カルパスはビールのおともに
P7166355.jpg


そのほか、テント、マット、シュラフ、着替え、水、などなどを65Lザックに詰めてみると、ザックがパンパン 
重さが17kgありました。これで危険なところで行動するのはちょっと厳しいので、荷物を減らさないと
「あると便利なものは、いらないもの」というのは、分かっているのですが・・・
出発までに荷物の減量がんばります
P7166358.jpg


安全登山で一生の思い出ができたらいいなと思います

昨年ジャンダルムに登った方からいただいた写真↓今年もこんな景色が見れたら最高です
IMG_0711_20130715232721.jpg


スポンサーサイト

| アクセサリ | 06:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

登山靴 『ガルモント エルモ GTX』

登山を始めてから3年半、70回の登山に付き合ってくれた、モンベル『ツオロミーブーツ』
値段が安くて、作りがしっかりしていてお気に入りの登山靴ですが、ソールが結構すり減ってきました。
P6226330.jpg
(デザインはいまいちですが、コストパフォーマンスに優れたおススメの登山靴です。初心者の人も最初の一足で買えば長く使えると思います。)


まだ大丈夫と言えば大丈夫ですし、買い替え時と言えば買い替え時のような・・・。
7月末に西穂高岳~北穂高岳まで縦走予定なので、ソールがこの状態だとちょっと心配

ソールの張替えも考えましたが、張替えに1万円程度するようです。
靴自体の値段が1万5千円だったので、張替えに1万円を使うのはもったいない
P6226324.jpg


ということで、迷いに迷って思い切って新しい登山靴を買っちゃいました

ガルモントの『エルモ GTX』
1年前から狙いをつけていました
P6296338.jpg


購入の一番の決め手は見た目です
ゴールドとブラックのデザインが最高にカッコいい
もちろん、履き心地も私の足にフィットしました
ブロとものつる姫さんの登山靴とお揃いです(つる姫さんのブログはこちら→「山歩きを始めたよ~♪」
P6296339.jpg


近場の里山で履いてみましたが、今まで履いていたモンベル『ツオロミーブーツ』に比べ、ソールの凹凸が小さく、泥がつまると滑りやすいです。
でも、ソールが固く、靴の安定感が抜群なので、重い荷物を持った縦走や岩場での登山では大活躍してくれると思います
P6296341.jpg


岩場が多い山や荷物が重い時は『エルモ』、
滑りやすい登山道などは『ツオロミーブーツ』と両方の靴を使い分けて活用したいと思います

| ザック・登山靴 | 07:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノースフェイス「レッドポイント ライト ジャケット」

熊本の登山ショップ「シェルパ」で大創業祭があっていたので行ってきました。
行ってみると、これから冬に向けて重宝しそうなウエアが大特価思わず買ってしまいました

ノースフェイスの「レッドポイント ライト ジャケット」(color:RG)
DSC05481.jpg
緑色のダウンジャケットで、昨年販売されていたものを在庫処分の1万円引き、さらにクーポンで1,000円引きで買うことができました
今年はもう少し黄緑色っぽいのが販売されているようです。
身長180cm、標準体型の私はXLがちょうどよいサイズでした。

DSC05482.jpg
着てみると、軽くて暖かくて、動きやすくて言うことなし
モコモコしすぎず、デザインもかっこよくて、山に限らず普段着でも活躍しそうです


機能は、静電気ケア、表面は撥水加工されていて、さらに中綿には新開発の「サーモボール」という素材を使っているとのこと。
化繊なので水に強く登山のときに役立ちます(ダウンは水に弱いので・・・)
PA150002.jpg

収納サイズをペットボトルと比較してみました
ダウンに比べるとどうしても化繊は収納サイズが大きくなってしまいますが、山に持っていくのに邪魔になるほどのサイズではないです。納得の買い物でした
DSC05484.jpg

| ウェア | 08:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012北アルプス遠征準備

昨年に続き、今年も7月末に北アルプス遠征を計画しています
(昨年の遠征はこちら→「槍ヶ岳登山」

1日目夜 熊本発 (夜行バス)
2日目 名古屋着 (JR・バス)→上高地→槍沢ロッジ(泊)
3日目 槍沢ロッジ→槍ヶ岳→南岳小屋(泊)
4日目 南岳小屋→大キレット→北穂高→涸沢→横尾山荘(泊)
5日目 横尾山荘→上高地→(高速バス)→京都→(新幹線)→熊本
IMGP2371.jpg
<昨年山荘で知り合った方からいただいた写真です。私は雨で何も見えませんでした
奥に見えるとんがり山が「槍ヶ岳」、手前の稜線が「大キレット」です


九州は豪雨続きでとても山登りどころじゃないので、遠征の道具をザックに詰めてみました
用途ごとに分類してスタッフバッグに入れて持っていきます
(ビニール袋はカサカサ音がして、山小屋で他の登山者の迷惑になりますので

IMG_2351.jpg
バス・JR移動&山小屋用 Tシャツ、長ズボン、下着

登山&着替用 ハーフパンツ、サポートタイツ、Tシャツ×2、長袖×2、靴下×2、下着×2



IMG_2349.jpgレインウェア上下、ザックカバー、スパッツ 

ヘッドライト、予備電池、ポータブル携帯充電器(ドコモショップで無料でもらいました)

手袋(薄)、手袋(厚)、ネックウォーマー(夏でも北アルプスは5℃以下まで下がることがあります) 

折りたたみ座布団(百円ショップで購入)、マッチ、ライター 

テントグランドシート(ツェルトを持っていないので、非常用にツェルトの代わりに使います)



IMG_2353.jpgライトシェルアウター(防寒用に)

プラティパス(水を2L入れて登ります)

ボトル0.75L(粉末のスポーツドリンクの素を水に溶かして入れます)



IMG_2345.jpgばんそうこう、鼻炎薬、痛み止め・解熱薬、下痢止め薬、消毒液、ガーゼ、テープ、毛抜き、はさみ、ウェットティッシュ、トイレットペーパー(芯抜き)、腰サポーター(腰痛が再発したとき用に)

靴ひも×2(靴ひも予備や緊急時にグランドシートを貼るために)、布テープ(靴底が剥がれたときなど用に)

十徳ナイフ、鏡、メガネ&コンタクト(予備)、サングラス、メモ帳、ボールペン、地図、コンパス



IMG_2344.jpg左から、非常食(山を降りるまで食べません)、行動食(移動時やちょっとした休憩時に)、食料(朝・昼ごはんに。足りないので買い足さないと

写真にはありませんが、あと、
ストック、帽子、洗面用具



IMG_2355.jpg全ての道具を30Lザックに詰めてみると・・・
重さ10kg、最大容量の8~9割でした

10kgであれば、日ごろ練習がてら担いで登っているから大丈夫




昨年は雨に泣かされたので、今年こそは晴れて欲しいです
天気予報とにらめっこの毎日です
IMGP2374.jpg
<これも知り合いからいただいた写真です

| アクセサリ | 20:34 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝袋 「モンベル U.L.スーパースパイラルダウンハガー」

スリーピングバッグ(寝袋)の紹介です。
写真・図はモンベルホームページから拝借しました。

モンベルの「U.L.スーパースパイラルダウンハガー(♯3)」
長い名前の寝袋です
UL寝袋
昨年の夏にテント泊用に買いました。
モンベルのスリーピングバッグにはいろいろな商品があり、買う時に迷ってしまいます。
選んだ基準がいくつかありました。

ダウンか化学繊維か?
ダウンと化学繊維を比べると、ダウンの方が小さく軽い分値段が高いです。
一方、化学繊維は湿度に強く、メンテナンスが簡単ですが、ダウンに比べると重く、大きくなります。
登山での使用を考えているので、小さく、軽い「ダウン」を選びました。


②スリーピングバッグの「厚み」
 厚みは「#」で表わされます。
寝袋厚み比較

厚みが増すほど、「#」の番号が小さくなります。
0℃まで快適に眠れて、一年を通して幅広く使える「#3」にしました。


③「U.L.」か「ノーマル」か?
U.L.」とは、「Ultra Light」のことです。
U.L.のほうが高品質のダウンを使用していて、少ない量で保温力が大きいです。その分、普通のダウンに比べて値段が高いです。
結局、「あんまり買い替えないからいいものを♪」ということで「U.L.」にしました。


④「スーパースパイラルストレッチ」か「スパイラルストレッチ」か?
モンベルのスリーピングバッグには、「スーパースパイラルストレッチ」と「スパイラルストレッチ」があります。
この二つ何が違うかというと、普通のスパイラルストレッチは生地が横方向に伸びるようにできています。
しかし、「スーパー・・・」となると、横方向に加え、斜め方向にも伸びるようにできています。
そのおかげで窮屈感が少なく、寝心地が良いらしいです。その分値段もお高くなります。
ここでも「あんまり買い替えないからいいものを♪」ということで「スーパースパイラルストレッチ」にしました。


結局は、一番値段が高い、「U.L.」で「スーパースパイラル」で「ダウン」の
「U.L.スーパースパイラルダウンハガー(♯3)」にしました。
IMG_1547.jpg

IMG_1548.jpg
<自宅保管用の大きめのバッグが付属しています>

テント泊や、車中泊、とても寒い時は、たまに家でも寝袋に入って布団をかけて寝ています。
家で使うと、テント泊に行ったような気分になって少しワクワクします
高い買い物だったので元を取るようにどんどん使っていきたいと思います。




| テント・寝袋 | 15:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。