もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大船山<長者原~大船山>(2012/1/29)

【大船山(1786m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★★  (4)
危 険 度:★★★    (3)
◆行程:<長者原(8:10)~坊ガツル(10:00)~大船山・御池(11:20)(12:00)~坊ガツル(13:00)(13:40)~長者原(15:00)>
◆所要時間:約7時間(休憩・食事込み)

職場の先輩2人と九重・大船山に行って来ました。
朝8時に長者原を出発。天気予報は「晴れ」
これからが楽しみです!
IMG_1483.jpg
<早朝のタデ原湿原>

登山道には思っていたよりも雪が積もっていました。
アイゼンをはめて、雪道を楽しみます。
牧ノ戸登山口に比べて長者原は人が少なくて、静かに自然を満喫できます。おすすめです。
IMG_1488.jpg

出発して、2時間弱で坊ガツルに出ました。
空は雲ひとつない青空です。
IMG_1495.jpg

IMG_1502.jpg

IMG_1498.jpg
<今から登る「大船山」(中央の山)が見えます>


大船山の登山道に入ると、さらに雪が深くなりました。
きつい登りが続き、雪を楽しむ余裕がありません。
IMG_1504.jpg


少しずつ登って行くと、大船山の頂上が近付いてきました。
雪をまとった姿がかっこいいです。
IMG_1507.jpg


山頂直下まで来ると、たくさんの霧氷がありました。
青空とマッチしていてきれいです。
IMG_1511.jpg

IMG_1512.jpg

IMG_1514.jpg
<頂上まであと少し!>


そして、坊ガツルから1時間20分ほどで、大船山の頂上(1796m)に到着しました。
三俣山、中岳、星生山などの九重連山、阿蘇山、根子岳、祖母・傾山系、由布岳などが一望できます。
大船山は九重連山の中で一番好きな山です
IMG_1522.jpg

IMG_1539.jpg

IMG_1541.jpg


冬に大船山に登ると、頂上からの眺め以外にもうひとつご褒美があります。
それは、凍結した御池を見られることです。頂上直下にあります。
IMG_1526.jpg


御池まで降りてみると、完全に凍結していました。
氷の上を滑ってみる人、湖畔でのんびり昼食を取る人、みんな御池を楽しんでいました。
IMG_1535.jpg

IMG_1537.jpg
<先輩は雪のベットでお昼寝中>


そして、もと来た道を引き返して下山しました。
雪と晴天に恵まれて、一生の思い出になる最高の1日でした
IMG_1543.jpg
<帰る頃には坊ガツルから大船山がきれいに見えていました>
スポンサーサイト

| 大船山 | 10:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大船山・テント泊(2011/8/8~9)

【大船山(1786m)】
<大曲~坊ガツル(テント泊)~大船山~大曲>
おすすめ度:★★★★★  (5) 
体 力 度:★★★☆  (3.5)
危 険 度:★★     (2)

夏のボーナスで思い切ってテントを購入しました。買ったからには使わないと…ということで、今回は初めてのテント泊登山です。15時頃、九重の大曲登山口に到着して登山開始。すがもり越経由で坊ガツルに向かいます。

しかし、いつもの日帰り登山と違って今回は荷物が重い全部で17kgあります。ザックに入るだけいろいろ詰め込んでしまったせいかな?登山口から約1時間半で坊がつるに到着。荷物が重いせいでバテバテです。次回は荷物を厳選しないと

坊ガツルは平日のためか、テントは周りに5張ぐらいしかありません。初めてのテント設営に挑戦です。
周りのテントの張り方をちらちら盗み見しながら、設営していくと…、意外なほど簡単にテント設営完了
IMG_0215.jpg

次は夕飯の準備。夕飯は、おにぎり・焼きそば・地鶏・枝豆・そして、もちろん「ビール」です
ビールは近くの法華院山荘の自動販売機から冷え冷えのものを調達できます
テントの外で夕暮れを感じながらの夕食です。一人だからこそ、ゆっくり自分の時間を過ごせます
IMG_0219.jpg  IMG_0223.jpg


翌日。朝5時に起きて、徐々に明るくなる山々を見ながら登山の準備を始めます。今日は、まだ登っていない「大船山」に挑戦です
IMG_0251.jpg

大船山は、他の九重の山々と違って、ほとんどが木々に覆われています。早朝なので、薄暗いじめじめした登山道を進んでいきます。
IMG_0259.jpg

登り始めて約1時間で稜線に出ます。ここからは、木も低くなり視界が開けてきます。
そして、坊がつるから約1時間半で山頂に到着
初めて登った大船山の感想は・・・「最高です」。360度素晴らしい景色が広がっています。
山頂からの眺めをお楽しみください
IMG_0298_20110822102312.jpg
<湧き上がる雲>

IMG_0280_20110822102506.jpg
<山頂を照らす朝日>

IMG_0287_20110822102628.jpg
<山頂直下の「御池」>

IMG_0273_20110822102313.jpg
<正面が「三俣山」、その左の噴煙をあげているのが「硫黄山」、三俣山のふもとが「坊ガツル」>

IMG_0294_20110822102312.jpg
<奥に見える平冶岳(ひいじだけ)と手前右側の「米窪」。米窪の左側の稜線から登ってきました。>

IMG_0310_20110822102311.jpg
<遠くに黒く見えるのが、大分と宮崎の県境にある「祖母山」です。雲の海の上に島が浮かんでいるようです>

IMG_0297_20110822102312.jpg
<透き通るような青空。空を近くに感じます。>

たっぷりと山頂を満喫して下山します。帰る頃には、あんなに澄んでいた空が雲に覆われてしまいました
やっぱり山は早朝に登るのが一番みたいです。
山でのおいしいビールと素晴らしい景色。これからは、テント泊にはまりそうです

◆行程:8/8 大曲登山口(15:00)~すがもり越(16:00)~坊ガツル(16:40 テント泊)
8/9 坊ガツル(6:00)~大船山山頂(7:30)(8:10)~坊ガツル(9:10)~大曲登山口(11:10)

| 大船山 | 20:53 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。