もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八方ヶ岳<矢谷渓谷ルート>(2013/4/29)

【八方ヶ岳(1052m)】
<矢谷渓谷登山口~八方ヶ岳~矢谷渓谷登山口>
おすすめ度:★★★★ (4)
体 力 度:★★☆  (2.5)
危 険 度:★    (1)
◆標高差:752m 山頂(1052m)-矢谷渓谷キャンプ場(300m)
◆行程:<行き>2時間15分  <帰り>2時間  休憩込み

友人たちと熊本県山鹿市の八方ヶ岳(やほうがたけ)に行ってきました
登山口の矢谷渓谷キャンプ場から総勢6名の仲間で出発

序盤は沢の音を聞きながら、気持ちよく登って行きます
P4290002.jpg


10分程歩くと、舗装された林道と合流して、しばらく林道沿いに進みます。

左手に「八方ヶ岳登山口」と書かれた看板があるので、そこから山に入ります。
P4290003.jpg

登山道はきちんと整備されていて、危険な箇所にはハシゴやロープがかけてあるので安心です
P4290004.jpg


みんな久しぶりの登山で、最初はワイワイ言いながらにぎやかに登っていましたが、
登るに連れて、口数がだんだんと減り黙々と登って行きます・・・
きつい思いをして登らないと登山じゃない
P4290005.jpg


下ってきた小さい子供からも「がんばれ」と声をかけてもらいました
P4290011.jpg


自然林帯に入ると、鮮やかな緑色をした若葉が見事でした
気持ちいい風が吹き抜けて癒されます
P4290006.jpg

P4290023.jpg

P4290024.jpg


1時間ちょっとで稜線(穴川分岐)まで上がると、そこからはアップダウンの繰り返しでけっこう体力を奪われました
P4290013.jpg


それでも全員無事に八方ヶ岳山頂(1052m)に到着
きつい思いをした分だけ達成感が増します
P4290019.jpg


九州百名山だけあって、山頂からは360°展望が開けています
ただ、この日は黄砂の影響か、白くもやがかかっていました。残念。。。
P4290018.jpg


気持ちがいい山頂で、みんなでラーメンを食べてコーヒーを飲んで、ゆっくりくつろいで下山しました
大満足の楽しい一日でした(^^)
P4290016.jpg
スポンサーサイト

| 八方ヶ岳 | 09:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八方ヶ岳<矢谷渓谷ルート>(2011/5/7)

【八方ヶ岳(1052m)】
<矢谷渓谷登山口~八方ヶ岳~矢谷渓谷登山口>
おすすめ度:★★★★ (4)
体 力 度:★★   (2)
危 険 度:★    (1)

熊本県山鹿市菊鹿町の八方ヶ岳に登ってきました。
今まで読み方を「はっぽうがたけ」と思っていましたが、「やほうがたけ」と読むそうです。知らなかった~。

今回は相棒のAさんと久しぶりの登山です。矢谷渓谷キャンプ場に車を置いて、管理事務所で100円を払って登山開始。
DSCF5519.jpg<Aさんと出発!>


登山開始からしばらくは、渓流沿いをゆるやかに登っていきます。暑い夏もすずしくていいだろうな。
DSCF5528.jpg

1時間ほど登ると、穴川分岐に到着。ここで5分ほど休憩。木の幹でベンチが作ってあり、休むのにちょうどいいです。
DSCF5520.jpg

今回の登山は楽勝!っと思っていたら、ここからは渓流から離れて、傾斜がきつめな登山道を登っていきます。
でも、登山道は新緑が眩しいくらいきれいで、きついながらも楽しく登ることができます。
昨年の11月に登山を始めて、春登山は初めてだけど、紅葉に負けず劣らず新緑もすばらしいと感動
DSCF5521.jpg
DSCF5522.jpg

穴川分岐から45分で山頂に到着。山頂は登山道と違って視界が360度開けていました。あいにくの曇り空だったけど視程は良く、熊本市内の金峰山、阿蘇山、うっすらと雲仙まで見えました。
DSCF5527.jpg
DSCF5525.jpg

いつもどおり、山頂でおにぎり&カップヌードルで昼食。周りの景色を見てごろごろしながら「やっぱり山はいいな~」。「もっと若い人も山に登ったらいいのに」と思いました。

帰りは、休憩をとらずに一気にキャンプ場まで下山。ラドン温泉の山鹿市の「ならのさこ温泉」に入って帰りました。入湯料が650円と高いっと思ったけど、施設はきれいに整備されていて、温泉もぬるめで登山帰りの体をゆっくり休めるには、なかなか良い温泉でした。でも650円は高いかな。
DSCF5534.jpg

家に帰って、ビール&餃子で晩酌
登山の楽しみは、山50%、温泉&ビール50%だな~と思う今日でした。


◆標高差:752m 山頂(1052m)-矢谷渓谷キャンプ場(300m)
◆行程:<行き>矢谷渓谷キャンプ場(10:00)~穴川分岐(11:00)~山頂(11:45) ※1時間45分(休憩5分)
   <帰り>山頂(12:40)~矢谷渓谷キャンプ場(14:00)  ※1時間20分(休憩なし)

| 八方ヶ岳 | 21:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。