もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋久島 宮之浦岳縦走<淀川~白谷雲水峡>(2015/5/16-18)

おすすめ度:★★★★ (4) 
体 力 度:★★★★  (4)
危 険 度:★★★   (3)

◆登山行程
5/16(木)  紀元杉バス停(14:35)~淀川登山口(15:05)~淀川小屋(15:40) 宿泊
5/17(金)  淀川小屋(5:45)~小花之江河(6:50)~花之江河(7:05)~黒味岳分岐(7:20)~宮之浦岳(9:10)~新高塚小屋(11:00)~高塚小屋(12:00)宿泊
5/18(土)  高塚小屋(5:50)~縄文杉(6:00)~ウィルソン株(6:50)~楠川歩道分岐(8:15)~太鼓岩(9:05)~白谷山荘(9:50)~白谷雲水峡登山口(10:30)

◆交通行程
・往路5/16(木) 自宅(熊本)発~(高速道路)~アーバンポートホテル鹿児島駐車場※~(徒歩15分)~鹿児島港南埠頭~屋久島フェリー2(8:30発 4,410円)~宮之浦港(12:30)~バス(12:50発 1,770円)~紀元杉バス亭(14:32)
・復路5/18(土) 白谷雲水峡(11:40発 550円)~宮之浦港(12:15着)~屋久島フェリー2(13:30発 4,410円)~鹿児島港南埠頭(17:40)~アーバンポートホテル鹿児島(宿泊 6,000円)

※鹿児島港の駐車場は、1日 2,200円、2日 3,400円、2.5日 4,000円かかります。
  駐車料金が4,000円かかるぐらいならと思って、アーバンポートホテル鹿児島に交渉して、素泊まり1泊+車3泊で6,000円でした

屋久島登山マップ(加工)
<今回の登山行程:青線1日目、赤線2日目、緑線3日目>

(1日目)
屋久島宮之浦岳に登ってきました
早朝、熊本から鹿児島まで車を走らせ、アーバンポートホテル鹿児島の駐車場に車を停めフェリー乗り場まで徒歩で向かいます。
P5160404.jpg

ホテルの駐車場からフェリー乗り場までは約15分。
途中、ローソンがあるので、Loppiでフェリーの前売りチケットを買えば500円程お得です

8:30 フェリーに乗り、屋久島に向けて出発
これから天気が崩れる予想ですが、ここまでは快晴です
P5140213.jpg

フェリーでは、屋久島まで約4時間かかりますが、船内には小説や漫画のレンタルがあり、退屈することなく過ごせます。
ちなみに、高速船『トッピー』だと約2時間で着きますが、運賃はフェリーの倍の約9000円かかります。

12:30 宮之浦港に到着。
島の中央に高い山々がそびえています。
P5140215.jpg


ここからは、12:50発のバスに乗り換えて登山口を目指します。
バスは途中、「合庁前」で乗り換えます。
バスの終点「紀元杉バス亭」が山奥にあるので、宮之浦港から紀元杉バス亭までは1時間半ほどかかります。
P5140216.jpg


14:35 紀元杉バス亭に到着し、そこから30分程車道を登ると、淀川登山口に到着。
タクシーの人は、登山口まで直接行くことができます。
P5140219.jpg


登山道を歩いていると、小雨が降り出しました
「雨は嫌だな」っと思いながら歩いていましたが、この雨と3日ともお付き合いすることになりました
P5140220.jpg


15:40 本日の宿泊地『淀川小屋』に到着。
屋久島の小屋はすべて避難小屋で、もちろん電気・布団・食事はないので、各自で準備する必要があります。
平日なのと雨のせいもあって、この日は私を含めて4組の宿泊でゆっくり寝ることができました
P5140225.jpg


(2日目)
夜中、すごい雷雨で、寝ながら「明日の分まで降ってくれないかな」と願っていましたが、願いかなわずこの日も雨
しかもかなりの豪雨です

5:45 淀川小屋を出発。
薄暗い登山道を黙々と登って行きます。
P5150227.jpg


6:50 小屋から約1時間程歩くと、『小花之江河』に到着。
P5150233.jpg

ここまで屋久島らしい景色を見てなかったですが、この景色を見て初めて「おー」っと感動の声が出ました
写真では伝わらないですが、雨のおかげもあって幻想的な雰囲気で、自然が作り出した日本庭園のような感じです
P5150235.jpg

さらに15分程歩くと、『花之江河』があります。
ここも素晴らしい雰囲気です。
P5150239.jpg


宮之浦岳に向けて高度を上げていくと、屋久島らしいきれいな川に出会い思わずパシャリ
P5150244.jpg
・・・『川』というのは嘘で、これは登山道です
激しい雨のせいで、登山道が川になっていました
川か道か分からないところを上流に向けて進んでいきます。


稜線に出ると、激しい風雨で全身びしょ濡れに
立ち止まっていると低体温症になりそうな状況だったので、急いで先に進みます。
P5150248.jpg


9:10 念願の宮之浦岳(1936m)に登頂
豪雨で景色は何も見えないけど、今までの登山で一番厳しい状況での登頂に達成感があります
嬉しすぎて誰もいない山頂で一人「やったぞー」と叫んでしまいました
P5150255.jpg

後で分かったのですが、この日は大雨洪水警報が出ていて、山に向かうバスは運休だったそうです

そういうわけで人とはほとんど会わず、時折出会うヤクシカちゃんに話しかけながら先を進みます。
P5150262.jpg


こういう大雨の日は、ザックから水を出したり、食料を出すのが億劫ですが、スペシャル行動食で栄養補給は万全
ハイドレーションも買ったので、水分の補給もばっちりでした
P5150263.jpg


山頂付近にはシャクナゲが咲き始めていました
5月末~がシーズンだそうです。
P5150265.jpg


11:00 新高塚小屋に到着
ここに宿泊しようかと思いましたが、まだ時間があったのでもう一つ下の高塚小屋まで降りることにしました。
小屋には豪雨で停滞中のパーティが3組ほどいました。
P5150275.jpg


12:00 本日の宿泊地の高塚小屋に到着
2013年に建て替えられたそうで、新高塚小屋よりも新しいです
P5150296.jpg


中は狭いながらも3階建になっていて、それぞれのフロアが6畳ほどの広さがあります。
私は3階を独り占め
この日宿泊したのは、2階に1組2人、1階に1組4人でした。15~20人程は泊れると思います
P5150301.jpg<ザックの中までびしょ濡れだったので、全て出して乾かしています。散らかしているわけではありません(笑)>

(3日目)
5:50 高塚小屋を出発
この日ももちろん雨さすがにもう慣れっこで全然気になりません
P5160308.jpg


6:00 10分ほど歩いて縄文杉に到着。
大きな杉で雰囲気がありますが、植生保護のために近くまで行けないのが残念
「とてつもなく大きい」というイメージがあったせいか、個人的には今一つでした。
それよりもこの後に立ち寄った「ウィルソン杉」のほうが感動しました
P5160314.jpg

P5150285.jpg

ちなみに、熊本の市房山には樹齢1000年の『市房杉』があります。
なかなか迫力がありますので、ぜひ一度市房山に行ってみてください
<以前市房山に登った時の記事→市房山登山


縄文杉までの登山道はきれいに整備してあり、初心者の方も登りやすいと思います。
P5160325.jpg


しばらく歩いていると、変わった杉を見つけました。
太陽の光を受けるために、上に枝が張っているのでしょうか??
P5160328.jpg


そうこうしていると、今回の登山で初めて日が差してきました
屋久島の神様もさすがにかわいそうと思ってくれたのかな
P5160331.jpg


6:50 ウィルソン株に到着。
P5160333.jpg

中に入って、定番のハート形に空いているところをパシャリ
うまい角度で撮らないとハート形に写りません
P5160334.jpg

内部には祠があり、水が流れていて、厳かな雰囲気でした。
『花之江河』に続いて、屋久島に来てよかったと思える場所です
P5160338.jpg


次に立ち寄ったのは『翁杉』。
縄文杉に次ぐ大きさだったそうですが、H22年9月10日未明に内部の腐朽で折れたそうです。
P5160343.jpg


さらに進んで行くと、トロッコ道に出ます。
この頃には再び大雨
屋久島の神様の晴れのサービスは少しだけだったようです
P5160350.jpg

P5160354.jpg


8:15 楠川分岐に到着。
縄文杉に登る際の定番の『荒川登山口』ではなく、今回は『白谷雲水峡』に降ります。
P5160356.jpg


ここからは、これまでの登山道とまた違った雰囲気があります。
P5160360.jpg

P5160363.jpg


途中、辻峠分岐から『太鼓岩』に立ち寄りました。
晴れていれば眺めがいいのでしょう。たぶん・・・。
P5160370.jpg
<太鼓岩からの眺め>


白谷雲水峡は『もののけ姫の森』と言われるだけあって、いい雰囲気の森です
P5160377.jpg


9:50 白谷山荘に到着。
この小屋は避難小屋にしてはめずらしく、小屋の中にトイレがあります。
一番奥には2段ベットの寝室があります。
P5160383.jpg

P5160380.jpg

P5160381.jpg


10:30 白谷雲水峡登山口に到着。
これで2泊3日の屋久島登山が終わりました。
雨続きで嫌になるときもありましたが、全て終わってみると満足のいく山旅でした
P5160388.jpg

息子が大きくなったら、今度は晴れた日に一緒に登りたいと思います(まだまだ先の話ですが・・・(笑))
P5160394.jpg


(おまけ)
(その1)
下山後にお酒やお弁当、お土産のお酒を買うには、宮之浦港から徒歩10分程のところにある「ヤクデン」がおすすめです
P5160389.jpg

普通のスーパーなので、安く買うことができますよ。
P5160390.jpg

(その2)
フェリーにはシャワー・サウナがあるので、登山帰りにさっぱり汗を流すことができます。
シャンプー等はないので各自でご持参を。
P5160392.jpg
スポンサーサイト

| 宮之浦岳 | 23:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国岳(2014/5/4)

【韓国岳(1700m)】 
おすすめ度:★★★★★ (5)
体 力 度:★★    (2)
危 険 度:★     (1)
tozanoonami_20140505214611a42.gif
黄色の線が今回の登山行程。地図と時間は、高千穂河原ビジターセンターHPから借用しました。>


ゴールデンウィークで大学の友達が帰省したので、リクエストに応えて2月に引き続き『韓国岳』に行ってきました!
(2月の韓国岳登山の記事はこちら

今回は、硫黄山手前の登山口から登頂し、そこから大浪池経由、キャンプ村前登山口に戻るルートです。

9:50 男2人、女2人のにぎやかパーティで登山口を出発
P5040034.jpg


石段をしばらく登ると、硫黄山に到着。
ところどころ、硫黄が析出しています。この一帯だけ真っ白
P5040035.jpg


久しぶりの登山なので、ゆっくり景色を楽しみながら登っていきます。
霞んでいるけど、なかなかの眺め
P5040036.jpg


そんなに急ではないので、初心者でも登りやすい登山道です。
P5040037.jpg

P5040043.jpg


さわやかな風が気持ちいい
汗もかかず快適登山
P5040046.jpg


11:15 韓国岳山頂(1700m)に到着
大浪池をバックに記念撮影
P5040052.jpg
<左:私 右:K>
Kは、最近登山にハマってて、関東周辺の山を登りまくっています。
ブログもやっているので、ぜひ覗いてあげてください→登山ブログ:「見習いライダーが山に登る」


韓国岳山頂からは、新燃岳、高千穂峰も見えます
P5040067.jpg


山の定番『シーフードヌードル』を食べた後は、大浪池経由コースで下山開始。
名残惜しいけど、次は紅葉の頃にまた来よう
P5040070.jpg


大浪池への登山道は、木道がきれいに整備されていて歩きやすいけど、
階段が多いので膝が悪い方は避けたほうがいいです
P5040069.jpg


大浪池までは急坂ですが、そこからは歩きやすい樹林帯コース。
人も少なくて、気持ちよく歩くことができました
P5040075.jpg

14:05 キャンプ村前登山口に到着。

大学を卒業して十年近く経つけど、『山登り』のおかげで毎年友達と会うことができています
山は友達との絆を強くしてくれるようです


◆行程:登山口(9:50)~山頂(11:15)(12:15)~避難小屋~キャンプ村前登山口(14:05)>
◆所要時間:登り1時間25分 下り1時間50分 (休憩含む)

| 韓国岳 | 21:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国岳<大浪池コース>(2014/2/22)

【韓国岳(1700m)】 
おすすめ度:★★★★★ (5)
体 力 度:★★★☆  (3.5)
危 険 度:★★     (2)
韓国岳登山マップ(線入り)
緑色の線が今回の登山行程。地図と時間は、高千穂河原ビジターセンターHPから借用しました。>

クライミング仲間のSさんと二人で、霧島の『韓国岳』行ってきました。
九州のいろんな山に登ってきたけれど、韓国岳は初めて。

9:15 ワクワクしながら大浪池登山口を出発
P2220001 (2)


大浪池までの登山道は整備されていて、スニーカーでも登れます。
石畳で周りの風景とマッチしていい感じ
P2220003.jpg


9:45 大浪池に到着。
突然、大浪池と韓国岳がドーンと視界に現れて、二人とも「お~」と思わず声が出ます
P2220007.jpg


韓国岳をバックに記念撮影
まだ山頂は雲の中 これから気温が上がれば晴れてくれるかな??
P2220008.jpg


さすが百名山。素晴らしいの景色です 写真をパシャパシャ撮りまくる
P2220029.jpg


大浪池を反時計回りに進みます。
雪が増えてきて、冬山らしくなってきました。
P2220010.jpg


大浪池に沿って登山道があるので、池を眺めながらの楽しいトレッキングです
池が大きすぎて、写真に収まりきれないのが残念
P2220011.jpg
<少し池が凍っていました


10:35 避難小屋に到着。
ここで大浪池の半分を進んできました。ここからは、韓国岳山頂に向けてきつい登りが始まります
P2220017.jpg


一番きつかったのは、この階段地獄
植生保護のために、階段がずっと続きます。久々の登山で太ももがもうパンパン
P2220020.jpg


7割ほど登って来ると、樹木が少なくなって視界が開けてきます。
時々、ひざ下まで埋まりながら山頂を目指す
P2220027.jpg


「ゼーゼー」言いながら後ろを振り返ると、大浪池の素晴らしい景色が広がっています
P2220035.jpg
<池の縁のへこんだところから歩いてきました>


青空の下に山頂標識らしきものが あと少し
P2220042.jpg


11:30 韓国岳山頂に到着 
雪のおかげで歩きやすくて、2時間15分で登ってきました。
P2220046.jpg


山頂からは、噴火中の『新燃岳』と、坂本竜馬夫妻が登ったことで有名な『高千穂峰』がそびえ立っています
雪をまとっていて、カッコいい姿です
登山が解禁されたら、韓国岳~高千穂峰まで縦走してみたい
P2220022.jpg
<手前が『新燃岳』、奥が『高千穂峰』>


今日の昼は、特製煮込みラーメン
豚肉、キャベツ、ニンジン、たまねぎ、ねぎ入りの本格派
味はというと・・・、もちろんGOOD
今度から定番メニューになりそうです
P2220047.jpg P2220048.jpg
<2人で4人前を食べました


山頂でゆっくりした後は、満腹のお腹をかかえながら、来た道を戻ります。
大浪池湖畔からは、反時計まわりに進んで、大浪池一周を達成

最近、山に行くのが減ってきていたけれど、やっぱり山はイイ
今年は、まだ登ったことがない山に挑戦してみよう
P2220074.jpg


◆行程:大浪池登山口(9:15)~大浪池(9:45)~避難小屋(10:35)~韓国岳山頂(11:30)(12:55)~避難小屋(13:30)(13:40)~大浪池(14:20)(14:25)~大浪池登山口(14:50)>
◆所要時間:登り2時間15分 下り1時間55分 (休憩含む)

| 韓国岳 | 23:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開聞岳(2012/2/25)

【開聞岳(924m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★☆   (3.5)
危 険 度:★★☆     (2.5)
◆行程:<登山口(9:10)~山頂(11:20)(13:00)~登山口(14:40)>
◆所要時間:約5時間30分(休憩・食事込み)

鹿児島遠征2日目です。1日目は「刀剣山」(←リンク)に登りました。
2日目は開聞岳。心配していた天気はというと・・・
太陽が出ています水鳥も気持ちよさそうに泳いでいます
IMG_1727.jpg


今日の登山のメンバーは昨年夏に槍ヶ岳山荘で出合った方々。(槍ヶ岳登山の記事はこちら
鹿児島に住んでいるSさん(女性)、Yさん(男性)に加えて私と後輩Kくん。槍ヶ岳で連絡先を交換し、今回鹿児島遠征をするということで連絡をして一緒に登ることになりました。
お二人とも山以外にも沢登りやクライミングまでこなす大ベテランです

約半年ぶりに集まった山仲間で登山口を出発
IMG_1763.jpg


登り始めはうっそうと茂った森の中を進みます。
澄んだ空気の中、気持ちいい山歩き。
IMG_1729.jpg


木漏れ日が射して葉っぱがきれいに輝いています。
IMG_1730.jpg


登り始めて約2時間で標高924m開聞岳山頂に到着
IMG_1741.jpg


雲がすごいスピードで抜けていっています。ダイナミックな雲の流れ
IMG_1743.jpg


しばらくすると雲がなくなって、眼下に池田湖が見えました。
IMG_1748.jpg

少し霞んでいますが海岸線がきれいです。
IMG_1736.jpg


素晴らしい風景にSさん、Kくんも大満足
IMG_1752.jpg


しばらく山頂で休憩したあと、大ベテランYさんが秘密の場所に案内してくれました。
山頂から木々の中を10分程進むと突然視界が開けます。
晴れた日には東シナ海と遠く屋久島まで一望できるそうです
IMG_1758.jpg


下山してから、またまたYさんに案内していただいて、駅から開聞岳が見える、JR日本最南端の駅「西大山駅」に行きました。
まっすぐ伸びた線路と雄大な開聞岳がマッチしていて、素晴らしい景色です
IMG_1768.jpg


最後に山頂でのみんなの集合写真
半年前に槍ヶ岳で偶然知り合った方と、またこうして一緒に登山できるなんて
人との出会いの素晴らしさを感じました
IMG_1760(加工3)
<上段:Sさん(左)、Yさん(右) 下段:後輩Kくん(左)、私(右)>

| 開聞岳 | 21:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刀剣山(2012/2/24)

【刀剣山(685m)】
おすすめ度:★★★☆ (3.5) 
体 力 度:★★★    (3)
危 険 度:★★★    (3)
◆行程:<猿ヶ城キャンプ場(7:55)~刀剣山1峰(9:15)(9:35)~刀剣山3峰展望台(10:00)(10:30)~巨岩の丘(11:05)(11:15)~猿ヶ城キャンプ場(11:40)>
◆所要時間:約4時間(休憩・食事込み)

2日間休みが取れたので、1泊2日で鹿児島遠征に行って来ました。
1日目:熊本発~刀剣山(鹿児島県垂水市)~垂水港~フェリー~鴨池港(鹿児島市)~知覧特攻平和会館~くりや旅館(指宿市)
2日目:開聞岳~熊本着


まず、1日目の刀剣山。
国土地理院の地図には名前が載っていませんが、登山道を整備されていて、なかなかいい山だそうです。

登山口の猿ヶ城キャンプ場へは、国道220号を下って行き、鹿児島県垂水市役所を過ぎてから左折して山に向かって進んでいくとあります。
「森の駅たるみず」(←リンク)の看板を目印に進んでいくと分かりやすいです。森の駅を過ぎて少し行くと猿ヶ城キャンプ場です。
IMG_1707.jpg
<キャンプ場駐車場>


駐車場から、上の写真の道に沿って下って行くとつり橋があります。
IMG_1655.jpg
<つり橋を渡って登山開始!>


しばらく川沿いに進んで、人工林の急坂を登って行きます。
登山道は土のうが積んであって、登りやすくなっています。
IMG_1656.jpg


人工林を抜けると、自然林帯になり途中には沢沿いの道もあります。
IMG_1658.jpg


中間あたりまで進むと、5m×2=10mのはしごがありますが、見た目ほど怖くはなかったです。あせらずゆっくり登れば大丈夫。
IMG_1659.jpg


それからもロープが張ってある場所が何か所かありましたが、特にロープは必要ない感じでした。
雨で滑りやすいときに使用するのかもしれません。
IMG_1662.jpg


稜線に出ると分岐があります。まずは1峰を目指して進みます。
IMG_1664.jpg

10分程行くと、刀剣山2峰に着きました。木々に囲まれていて展望はありません
IMG_1675.jpg


写真だけ撮って、2峰のすぐそばの分岐から刀剣山の一番の見どころ「1峰」を目指して進みます。
1峰への登山道にはロープ場がたくさんあり、慣れていない人は苦労するかもしれません。
でも、アドベンチャー気分で楽しいです
IMG_1665.jpg


そして、登山口から1時間20分で標高685mの刀剣山1峰に到着。
大崩山を思わせる岩峰です
貸切だったので、寝転がってしばし休憩
IMG_1666.jpg


白くもやっていて今ひとつの眺めでした。
晴れていれば垂水市内や桜島が見えて最高の眺めのはず。ざんねんです。
IMG_1674.jpg
<1峰から3峰展望台を望む>


次に3峰展望台に行きます。分岐まで引き返し、1峰から約30分で着きました。
IMG_1684.jpg
<3峰展望台>


少し天候が良くなって、錦江湾がうっすらと見えてきました
IMG_1686.jpg


1峰の岩峰も迫力があります。
IMG_1691.jpg


30分ほど3峰で晴れるのを待ちましたが、良くなる兆しがなかったので諦めて下山しました。
帰りは少し寄り道をして「巨岩の丘」に立ち寄ります。

「巨岩の丘」というぐらいだから、岩峰が並び立っている丘かな?っと思っていたら・・・
なんと「巨岩が見える丘」でした
IMG_1703.jpg


巨岩の丘からは刀剣山の1峰や3峰が見えました。
IMG_1699.jpg

そして、無事登山口まで帰ってきました。けっきょく誰とも会いませんでしたが、登山道がしっかり整備されていて安心できる山でした



下山後は次の目的地に向けて垂水港から鴨池港へフェリーで移動です。
35分ほどで鴨池港に着きます。
IMG_1715.jpg


フェリーから見る桜島も霞んでいてよく見えないです・・。
IMG_1718.jpg


次は知覧町の「特攻平和会館」へ。
特攻隊員の方々の手紙を読むと自分のこれまでの生き方について考えさせられます。
前向きに今を精いっぱい生きるための活力をもらいました。
IMG_1721.jpg


そして、今夜の宿泊先「くりや旅館」(←リンク)へ。
昼に熊本から出てきて鹿児島市内を観光していた、後輩のKくんと合流して宿泊。
素泊まり1名1室で、一番高い部屋で3500円。テレビ、エアコンは有料で120分100円です。
IMG_1723.jpg


旅館での夕食は、食堂をやっているだけあっておいしかったです。
ビールと名物カツオのたたきを食べて旅を満喫。登山のあとのビールはうまい
IMG_1726.jpg

明日は開聞岳登山ですが、天候が微妙な感じ。。
どうなるかは、明日起きてからのお楽しみ( or ??)

2日目「開聞岳登山」(←クリック)

| 刀剣山 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。