もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

由布岳お鉢巡り(2014/12/30)

【由布岳(1584m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★    (3)
危 険 度:★★★    (3)
◆行程:<正面登山口(10:05)~由布岳西峰(11:55)(12:05)~(お鉢巡り)~由布岳東峰(12:45)(13:25)~正面登山口(14:30)>
◆所要時間:4時間25分(休憩・食事込み)
500由布岳(加工)

今年の登り納めは、『由布岳のお鉢巡り』
帰省した大学の友達と、毎年恒例の年末登山に行ってきました

10:00に正面登山口駐車場に到着。既に駐車場はほぼ満車状態
PC300078.jpg


10:05 なんとか駐車して、由布岳山頂に向けて出発!
山頂付近は雪が積もっていそうな感じでワクワク
PC300082.jpg


樹林帯の中を進んで行きますが、久しぶりの登山なのと、友達のペースが速すぎて既にバテ気味
その友達は登山歴1年半ですが、毎週のように山を登っていて、つい先日、日帰りで冬の富士山に登るような健脚の持ち主
ペースについていけなくても、しょうがないかな
(友達のブログ→見習いライダーが山に登る
PC300085.jpg


雲一つない空の下、冷たい風が気持ちいい
PC300087.jpg


登山口から1時間半で由布岳西峰と東峰の分岐『マタエ』に到着。
今日は、マタエから反時計回りにお鉢巡りをします。
PC300093.jpg


西峰までは、ちょっとした岩場がありますが、岩場は自分も友達も大好きでむしろ大歓迎
アスレチック気分で楽しく登ります
PC300096.jpg


登って来た道を振り返ると、マタエ~東峰までの登山道が良く見えます。
迫力があっていい眺め
PC300097.jpg


11:55 登山口から1時間50分で由布岳西峰に到着
PC300106.jpg


山頂からの眺めはというと、白くモヤがかかっていて、由布市街は見えますが、久住方面は残念ながら見えず
それでも、スカッとした青空に恵まれて良かった
PC300107.jpg


ここからは、アイゼンを装着してお鉢巡りへ。
あまり人が入っていないみたいで、フカフカの雪を踏みしめて進んでいきます。
PC300115.jpg


途中、岩場もありますが、そんなに危険な箇所はありません(個人的な感想です)
ただ、結構段差があるので、女性は少し苦労するかもしれません。
PC300118.jpg

PC300123.jpg


アップダウンでバテてきた頃に、やっと由布岳東峰が近づいてきました。
PC300133.jpg


12:45 西峰から50分で東峰山頂に到着し、笑顔で記念撮影
(心の中では、アイゼンでズボンを破いたことと、ストックのキャップを無くしたことを後悔・・・
PC300136.jpg

13:25 昼食を終え、登って来た道を下山、1時間で登山口に着きました。

年に数回しか会えないですが、気心が知れた友達といろいろ話をしながら山に登るのは楽しい
毎年恒例の年末登山をこれからも続けていきたいです
スポンサーサイト

| 由布岳 | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

由布岳<正面登山口→東登山口>(2013/8/29)

【由布岳(1584m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★    (3)
危 険 度:★★★☆    (3.5)
◆行程:<正面登山口(7:40)~由布岳西峰(9:35)(9:50)~(お鉢巡り)~由布岳東峰(10:40)(10:55)~日向岳(12:20)~東登山口(13:20)>
◆所要時間:5時間40分(休憩込み)
由布岳・鶴見岳(加工)
赤線:歩いた登山道  緑線:歩いた車道  クリックすると大きくなります>

8月28日(木)から予定していた北アルプス遠征が悪天候で中止になったこの日。
アルプスに一緒に行くはずだったMさんと、憂さ晴らしに由布岳登山&テント泊etcをしてきました

由布岳の正面登山口から出発
P8296333.jpg


草原の気持ちがいい登山道を進みます
アルプスに行かなくても、九州の山もなかなかGOOD
ただ、山頂付近に雲がかかっているのが気になる・・・。
P8296335.jpg


稜線までは、林の中をジグザグにひたすら登ります。
登山道は整備されているので、初心者の人でも歩きやすいです。
P8296337.jpg


稜線分岐の「マタエ」に着くと、辺り一面真っ白。ガスの中です
P8296340.jpg


登ってきた方を振り返っても何にも見えず。
P8296341.jpg


今日は、景色はあきらめて、岩場を楽しもう
由布岳西峰への登山道は、岩場・鎖場が続きます。
P8296342.jpg


とはいっても、ゆっくり確実行けば大丈夫。3点支持で安全に通過しましょう。
P8296343.jpg


登り始めて約2時間で由布岳西峰に到着
P8296345.jpg


ここからは、西峰→東峰へのお鉢巡り。初めて通ります。

灌木帯があったり、
P8296348.jpg

岩場があったりします。
周りの景色が見えないので、ここは北アルプスだと妄想しながら楽しく進みます
P8296349.jpg


西峰から50分で東峰に到着。お鉢巡りをしなければ、西峰→東峰は30分ぐらいです。
雨風強い中での記念撮影
s-P8296354.jpg


少し休憩した後、東登山口に向けて下山開始。
P8296355.jpg


歩きやすい正面登山道に比べ、東登山道は急傾斜が続きます。
でも、このくらい全身を使った方が楽しい
P8296357.jpg

P8296358.jpg


200mほど下ると、登山道がなだらかになります。
そのまま下り続けて、途中、『日向岳』に立ち寄ってパシャリ
P8296366.jpg

人面樹木もパシャリ(ムンクの叫び?マントヒヒ??)
P8296367.jpg


ガスで悪天候だった山頂と違って、下界は晴れ模様
木漏れ日が気持ちいい
P8296369.jpg


東峰から約1時間半で東登山口まで降りてきました。
P8296371.jpg

由布岳山頂を見ると、ガスはすっかり晴れていました。
私がいなくなった途端晴れるとは。。今年は雨男のようです
P8296372.jpg

当初の計画では、このまま鶴見岳に縦走する予定でしたが、時間切れで本日の登山は終了です

東登山口から徒歩10分のところの「猪ノ瀬戸バス亭」から車を置いている正面登山口に戻ろうとしたものの、バスが通過したばかりで次のバスまで1時間待ちでした。
結局バスはあきらめて、車道歩きで正面登山口まで戻りました(猪ノ瀬戸バス亭~正面登山口:徒歩30分)
事前にバスの時刻は調べておきましょう


今日は日帰りではなく、このままテント泊
由布岳から車で15分ほどのところにある「志高湖キャンプ場」に行きました。
テントを張って、寝床の準備OK
P8296378.jpg

周辺を散策してみると、湖には白鳥が気持ちよさそうに泳いでいました
P8296381.jpg

別府温泉に入って食料を買い出しして、二人で今年アルプスに行けなかった愚痴や、来年の計画を話しながら夜遅くまで腹いっぱいビールを飲みました
P8296382.jpg


翌日は、帰路の途中で大牟田市の「リフレス大牟田」に立ち寄り、クライミング
P8306386.jpg


道具は自分で持ち込まないといけないですが、室内なので雨を気にせずクライミングできます。
利用料は、1人1時間157円です
初心者の人は経験者と同伴でないと登れません。
P8306383.jpg
<低いところでMさんアップ中>

高さは7m。垂壁と少し前傾の壁があります。
3時間みっちり登り、ストレス発散しました
P8306384.jpg

北アルプス遠征が中止になって、急きょ決めた「由布岳登山1泊2日の旅」。
おかげでモヤモヤしていた気分がすっきり晴れました

遠征のために何カ月も前から計画を練ったりトレーニングしたことが無駄になってしまったけど、また来年か、その先か、晴天のなか穂高縦走できる日が来るでしょう

| 由布岳 | 17:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

由布岳<正面登山口>(2012/2/20)

【由布岳(1584m)】
おすすめ度:★★★★★ (5) 
体 力 度:★★★    (3)
危 険 度:★★★★    (4)
◆行程:<正面登山口(6:40)~合野越(7:20)~由布岳東峰(8:30)(8:45)~由布岳山頂<西峰>(9:15)(9:25)~登山正面登山口(10:50)>
◆所要時間:約4時間(休憩・食事込み)

昨日、おとといと今年最後?の寒波が訪れたので、今年度の雪の見納めに「由布岳」に行って来ました。
九州内のいろいろな山に登っていますが、由布岳はまだ未踏の山です。

朝3時半に熊本県の自宅を出発して、やまなみハイウェイ経由で向かいました。
途中、長者原で車を停めて空を見てみると、今まで見たことがないような満天の星空
流れ星をいくつも見ることができました。(私のカメラでは星空はうまく撮れませんでした


夜明けとともに由布岳正面登山口から出発!
朝日を浴びて由布岳が色づいています。
IMG_1573.jpg


草原を抜けると、落葉樹の森に入ります。
後ろを振り返ると太陽が森をオレンジ色に照らしています。
IMG_1575.jpg


40分で合野越に到着し、ベンチで朝食のパンを食べながら一休憩。
だんだん雪が深くなってきたので、アイゼンを装着します。
IMG_1579.jpg


合野越からはジグザグに登っていきます。
中腹あたりまで来ると森を抜けて視界が開けます。
IMG_1582.jpg
<由布市内と九重連山>


風も弱くて、雲ひとつない晴天。
最高の登山日和です。
IMG_1586.jpg


標高が上がるにつれて、真冬のような風景になってきました。
IMG_1588.jpg


途中、急な坂に苦しみながら由布岳東峰と西峰の分岐の「マタエ」に着きました。
まずは東峰から登ります。
IMG_1594.jpg


ちょっとした岩場を登って行くと、山頂標柱が見えてきました。
東峰は鎖場がないので、初心者でも登りやすいと思います
IMG_1597.jpg


そして、登り始めて約2時間で標高1584m由布岳東峰に到着!
IMG_1598.jpg


眼下には由布市内と九重連山がくっきりと見えていました
空気が透き通っています。
IMG_1600.jpg


遠くには祖母山・傾山・大崩山も見えています。
IMG_1601.jpg


東峰を降りて、次に西峰に向かいます。
西峰はかなり岩がごつごつしてるみたいです。
IMG_1619.jpg
<「マタエ」から西峰を望む>


西峰を登り始めるといきなりの鎖場です。
なかなかの急斜面で、片手を鎖に、もう片手で岩を掴んで登っていきます。
IMG_1621.jpg


その後も鎖場が続いています。
アイゼンをはめているのでひっかけないように気をつけて登ります。
IMG_1623.jpg


そして、今日一番の難所。
岩が垂直に切れ落ちているところをトラバース(横切る)します。
IMG_1628.jpg


足を置く場所がほとんどないうえに、雪が積もって滑りやすく緊張します
集中して、なんとか渡りきりました。岩場に慣れていない人は要注意です
IMG_1629.jpg
<写真では分かりにくいですが、足を置いているところ以外は切れ落ちています>

難所を越えると、楽しい稜線歩き
雪の道が空に続いています
IMG_1633.jpg

IMG_1637.jpg


そして、由布岳(西峰)山頂に到着!
西峰の山頂は平らな広場になっていました。
しばらくの間、雪と青空を眺めてぼーっとして最高の時間を過ごしました
他に登山者はいなくてとても静かです。
IMG_1638.jpg


お鉢巡りをしようかと思いましたが、雪で初めての道を単独で行くのはちょっと不安なので今回はパスします。
IMG_1640.jpg


西峰は日が当たりにくいためか、たくさんの雪が積もっています。
枝に雪が積もって棒アイスができていました
IMG_1644.jpg


頂上を十分に満喫して下山しました。
由布岳は九重連山や別府湾が見えて、山と海を両方楽しめて、さらに鎖場でスリルを味わって最高の山でした。
下山途中に登山者と会うたびに「早いですね」と言われましたが、
「山は早朝に登る」が、山の良さを芯から味わうことができるのでおすすめです
澄んだ空気と登山者がいない静かな空間・・・一度、早朝登山をするとハマると思います
IMG_1650.jpg


| 由布岳 | 17:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。