もと初心者の登山日記

九州の山々の登山ブログです 「初心者の登山日記」から卒業しました

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

登山地図の作成

山登りを始めた頃、地図は持っていかないで、慣れている人に連れて行ってもらっていました。

でも、山を登るにつれて地図の大切さを感じるようになりました。
何度か、「この道であってるっけ??もしかして、間違えた」という経験があります。
そんな時に唯一頼りになるのが地図。どんな山を登るにしても必ず持っていきましょう

今回は無料で地図を手に入れる方法の紹介です。
書店などで1/25000地図を買うのがベストかもしれませんが、お金がかかります。
そこで、自分は「カシミール3D」を使って印刷して持っていっています。

<手 順>
カシミール3D(←クリック)をインストールし、「ここからダウンロード」をクリックしてください(フリーソフトです)。

②カシミールを起動。オフラインにチェックが入ってないか確認する。チェックが入っている場合は外す。

③ファイル-地図を開く から「電子国土3万6千」を選択。
拡大しすぎているので、右サイドメニューにある「ズーム/縮尺」を1/2にする。
地図ブログ1    地図ブログ2

④メニューバーの「ジャンプ」-「地名へ」を選択し、印刷したい山名を入力し、地図を移動させる。
地図ブログ3
<※ちなみに地図上で点線で示してあるのが登山道です。登山道が変更になっていたり、書いてないところもあります。>

さらに見やすくするために「磁北線」を引きます。
④ファイル-表示-表示の設定-磁北線を選択し、「表示する」にチェックを入れ、「線種」を赤、線幅を1、「間隔」を緯度50分、経度50秒に設定する。
(この設定は見やすいように自由に設定してください。)
地図:磁北線

ここまでで、磁北線入りの地図ができました。次は印刷です。

⑥ファイル-編集-選択範囲を決める で印刷したい範囲をドラッグします。
範囲が決まったら、右サイドメニューから縮尺を「4500」します(←ここがポイント
縮尺3万6千のままで印刷すると、等高線がつぶれて見にくくなってしまいます。

⑦ファイル-印刷-選択範囲を印刷を選択。「縮尺を指定して印刷」の「1:25,000」をチェックする。この例のように1枚からはみ出してしまっている時は、再度範囲を指定しなおします。
(用紙を横向きで印刷したい場合は、「プリンタ設定」で用紙を横にしてください。また、プリンタ設定から「印刷前にプレビューを表示」にチェックを入れることを忘れずに!)
地図:印刷

⑧ちょうど良い範囲が選択できたら、印刷して終わりです。濡れても大丈夫なようにチャック付きの袋などに入れて山に持っていきましょう。
大金峰・小金峰地図resize<クリックで拡大>

あとはネットでブログなどを見て、行く山の登山コースのイメージをつかんでおきましょう
スポンサーサイト

| 地図 | 00:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。